ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

混ぜるだけなのに絶品!ツナと昆布のアレンジおにぎり

Photo by macaroni

5回にわたって、老舗日本料理店「日本橋ゆかり」の野永喜三夫さんに新米をおいしく食べるおにぎりの作り方を教わる企画連載。前回はおにぎりの具材ランキング王者の「鮭」と、辛いもの好きに絶大な支持を得ている「明太子」のアレンジおにぎりを紹介してもらいました。

続く3回目は、おにぎりの定番具材である「ツナ」おにぎりと、「昆布」おにぎりのアレンジバージョンが登場!和食の巨匠である野永さんならではの食材選びに注目してみてください。

前回の記事はこちら▼

Photo by macaroni

日本橋ゆかり/野永喜三夫さん 宮内庁への出入りを許された老舗日本料理店の3代目。「露庵 菊乃井」修業を経て、「日本橋ゆかり」で確かな技術と独特の感性を生かした日本食を提供している。2002年「料理の鉄人JAPAN CUP 2002」で総合優勝。米国のメディアで日本を代表する料理人として選出されるなど、世界からも注目されている
macaroniのおにぎり具材ランキングでは3位に輝いた「ツナ」。マヨネーズ好きの人だけでなく、大人にも子どもにも愛されている味わいです。

一方、7位にランクインした「昆布」は、ごはんとの相性のよさを評価する声が多い具材。それだけでも完成されたおいしさがあるふたつの具材ですが、野永さんはどんなアレンジを加えてくれるのでしょうか?

「子どもにも大人気なツナは、チューブ調味料の柚子こしょうで辛さをプラスして大人の口に合う味わいを目指してみました。このチューブ調味料は辛味が抜けにくく便利な食材のひとつ。最近だとコンビニでも買えるので、手に入りやすいのもよいところです。

そして昆布に合わせるのは、珍味のチーズたら。しっかりと濃い味で、おにぎりに合いやすい具材に大変身してくれます。まさにごはんが進む味わいです!」


人気おにぎりランキングの記事はこちら▼

しびれる辛さ!ツナマヨ柚子こしょうおにぎり

Photo by macaroni

「柚子こしょうは何にでも合う万能調味料のひとつ。もちろんツナマヨとの相性も抜群です。ちょっと加えるだけで華やかな香りと、ピリッとしたインパクトのある辛さをプラスできます。このしびれるような強い辛味がクセになるんです。少し大人向けの味わいなので、辛いのが苦手な人やお子さんに作る場合は、量を調節してみてくださいね。

ツナはカツオでもマグロでもどちらでも大丈夫ですよ。1缶を使いきれるよう作りやすい分量でレシピを考えたので、余ったらサンドイッチにも活用してみてください。ピリ辛の味わいがパンにもよく合います!」

材料 (2人分)

Photo by macaroni

・ごはん……180g
・ツナ缶……1缶(70g)
・マヨネーズ……15g
・柚子こしょう……5g
・焼き海苔……2枚

作り方

1. ツナ缶とマヨネーズ、柚子こしょうを混ぜる

Photo by macaroni

ボウルに油をしっかり切ったツナ缶、マヨネーズを入れて和えます。そこに柚子こしょうを加えてさらに混ぜ合わせます。

Photo by macaroni

「ツナ缶の油を切るときは、フタを使うのがおすすめ。フタで押さえ込むようにすると、ザルを使わなくても簡単です。ここでしっかり油を切らないと、油分の多さでおにぎりがまとまりにくくなるので気をつけましょう」

2. ごはんに具をのせる

Photo by macaroni

40cmほどの長さに切ったラップにごはんを90g広げます。真ん中にくぼみを作ったら、1を10g程度のせます。

3. 三角形に握る

Photo by macaroni

ラップを使ってまとめながら、両手で三角形に成形します。

編集部のおすすめ