ライター : おがわひろこ

料理ブロガー

どこにでもある食材で、簡単かつ時短でできるをモットーに日々レシピを考案中。 作り置きおかずを利用したお弁当なども紹介していこうと思います♪ 筆書『ranmama-kitchen**みんなが喜ぶ…もっとみる

冷凍作り置きを定着させると本当に便利です!

寒い冬は足元が冷えて、キッチンに立っているのがかなり億劫。だからこそ、暖かい午前中やお休みの日にまとめて冷凍作り置きしておくと、家事にまつわるストレスが減り、ついでに時短もできます。

今回の冷凍作り置きは、時短で作れるメインおかずと、お弁当に使いやすい副菜など。1時間もあれば3品作れてしまいますよ!忙しい年の瀬、チャチャっと作ってラク家事してください!

今回の冷凍作り置き3品

Photo by おがわひろこ

左から、

1. ひじきの煮物
2. ローズマリーチキン
3. 切り干し大根のピリ辛中華風和え

調理に時間がかかってしまうと、繰り返し作り置きをしたいとは思えませんよね。上記の3レシピは混ぜ込むだけだったり、冷凍したあとは食べるときに焼くだけだったりと、いずれも手間要らず。知って得するラインナップです。

1. 具たくさん!ひじきの煮物

Photo by おがわひろこ

作り置き完成までの調理時間:20分

副菜に、お弁当おかずにと、あると便利なひじきの煮物。作り置きしている方は少なくないと思いますが、より保存がきく冷凍作り置きにするのもおすすめ。冷凍しても食感が変わりにくい野菜をたくさん入れて、食べ応えのある副菜にしてしまえば、ただの箸休めではない立派なおかずです。

お弁当に使う機会が多いなら、小分け冷凍するとさらに使い勝手がよくなりますよ。

材料

・芽ひじき……20g
・椎茸……3〜4個
・にんじん……1/4本
・角天……1枚と1/2枚
・冷凍枝豆……50g
a. みりん……大さじ1杯
a. 酒……大さじ1杯
a. 砂糖……大さじ2杯
a. 水……50cc
b. 麺つゆ(2倍濃縮)……大さじ1杯と1/2杯
b. しょうゆ……大さじ2杯

作り方

1. ひじきはたっぷりの水に浸して戻し、水気を切っておく

2. 椎茸は薄切り、ニンジンは千切り、角天は5mm幅に切る

3. 鍋に全部の材料を入れ、(a)を入れて火にかける。にんじんに火が通ったら(b)と冷凍枝豆を加え、煮汁がなくなるまで菜箸などで混ぜながら煮る

Photo by おがわひろこ

4. 粗熱が取れたら保存袋やお弁当用に小分けし、冷凍保存する

おいしく食べるポイント!

調理時になるべく汁気を飛ばしておくと、解凍して食べるときに出てくる水を減らし、おいしく食べることができます。汁気を飛ばすことばかりに集中すると、焦がしてしまう場合もあるので、注意しながら煮詰めてください。

お弁当に入れる際は、自然解凍で大丈夫です。そのまま入れておけばお昼には解凍され、おいしく食べることができます。

編集部のおすすめ