3. 半解凍した冷凍アボカドをじゃがいもと合わせて粗くつぶす

Photo by makoto kishita

じゃがいもの水分を拭き取ってからフォークなどで粗くつぶし、熱いうちに半解凍したアボカド(下ごしらえ参照)を耐熱容器に加え、まんべんなく混ぜ合わせます。

「冷凍アボカドを解凍しすぎないよう注意してください。じゃがいもの熱でも解凍は進みますし、熱々のじゃがいもに半解凍のアボカドを混ぜることで、粗熱を取る時間を短縮できます。

このレシピではアボカドの量をじゃがいも(正味)の約半量にしましたが、お好みで増やしていただいてもOK。ただ、冷凍アボカドの量が多すぎると仕上がりが緩くなってしまうので、その点にはご注意を」

4. (a)、黒オリーブ、1 の玉ねぎを 3 に合わせ、味を調える

Photo by makoto kishita

耐熱容器に(a)を加えて混ぜ、黒オリーブと 1 の玉ねぎを合わせたら、塩・こしょうで味を調えます。

「アボカドには油分があるので、マヨネーズは少量で問題なし。マヨネーズやじゃがいもなどの食材とよく混ざりあうとアボカドが変色しづらくなるので、しっかり混ぜ合わせてください。

黒オリーブが入ると味も見た目も引き締まり、ぐっとおつまみらしくなります。味のアクセントとしては緑のオリーブやピクルスもいいのですが、サラダ本体と同じ色になってしまうので黒オリーブがおすすめです。

なるべく空気に触れないように、ラップを密着させて冷蔵庫で1〜2時間ほど冷やします。夜に食べる場合、当日の朝〜昼に作っておいても変色はさほど気になりません」

5. 盛り付ける

Photo by makoto kishita

アボカドポテトサラダを器に盛り付け、生ハムをのせて、粗びき黒こしょうをふります。仕上げにバゲットとベビーリーフを添えたら完成です。

「黒こしょうはぜひたっぷりとふってください。おつまみ感が増して、さらにお酒との相性が良くなります」

今日は白ワインで!なめらかな口当たりの若草色サラダ

Photo by makoto kishita

「サラダを生ハムに包んだり、バゲットにのせたりして召し上がれ。どんなお酒にも合いますが、なかでも白ワインとのマリアージュは抜群です」

サラダはアボカドのおかげでなめらかな口当たり。マヨネーズは少量なので、まろやかながらもあっさりとした味わいになります。アボカド自体の風味はひかえめですが、ライトグリーンのマッシュと黒オリーブの調和が目にも舌にも快く、お酒もついつい進んでしまいそうです。

次回は「ガーリックアボカドシュリンプ」

Photo by makoto kishita

次回レシピをご紹介する冷凍アボカド料理は「ガーリックアボカドシュリンプ」。火を使いますが、むきえびを加熱するだけなので短時間で済みます。冷えたお酒と楽しみたい、ガーリックとバター醤油が効いた夏にぴったりのひと品です。お楽しみに!

取材・文/神谷真樹
撮影/木下 誠
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ