ライター : 今野 直倫

JSFCAコーヒーソムリエ / バリスタ

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん一人一人に向き合ってコーヒーを一…もっとみる

バリスタ直伝!キャンプコーヒーの楽しみ方とは?

Photo by 今野直倫

非日常を楽しめるキャンプ。薪から火をおこしたり、居住するテントを自分たちで設営したりと、普段できない体験が魅力的ですよね。

そのようなキャンプでは、コーヒーも本格的に楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。この記事では、キャンプでコーヒーを楽しむためのポイントをバリスタである筆者が解説します。非日常空間で楽しむ淹れたてコーヒーは格別ですよ。

ハンドドリップで淹れたてコーヒーを楽しむ

Photo by 今野直倫

キャンプコーヒーのなかでも手軽なのがハンドドリップです。初期費用も高くなく、必要なものを用意すれば、簡単に本格的なコーヒーが淹れられます。

ハンドドリップはコーヒーを淹れる醍醐味も楽しめるので、初めてキャンプコーヒーにチャレンジする方にもおすすめです。

必要なもの

コーヒー豆以外に、以下の5つのグッズを用意すれば、キャンプでハンドドリップを楽しめます。

・バーナーやガスコンロ(お湯を沸かすもの)
・クッカーやケトル
・ドリッパーやペーパーフィルター
・サーバー
・ミル

手軽に持ち運べるタイプを選ぶ

ドリッパーは、金具タイプや折りたたみタイプがおすすめ。キャンプは何かと荷物が増えてしまいます。少しでも、手軽に持ち運べるという点でどちらもおすすめです。陶器タイプは運んでいると割れる危険性があるので注意してくださいね。

ペーパーフィルターはそれぞれの形にあったものを選んでください。どちらも、コーヒーを抽出する際には必須のアイテムなので、必ず準備しましょう。

本格的に淹れるならサーバーとミルは必需品

抽出したコーヒーを受けるためにサーバーを使用しておくと便利です。サーバーに書かれた目盛りからお湯の適正量が見られるので失敗を防げますよ。

また、本格的にコーヒーを味わうなら、その場でコーヒー豆を挽くことをおすすめします。電動ミルは電源が必要になるので、手挽きタイプのミルがおすすめです。

淹れ方

ハンドドリップの淹れ方は簡単です。コーヒー粉を準備したドリッパーに対して、中心から円を描くようにお湯を注ぎます。次に、2〜3回に分けて、サーバーの適正量まで同じようにお湯を注いで完成です。

キャンプで淹れるときは外の風に当たるので、お湯が冷めてしまいます。お湯が冷めた分、コーヒーが抽出されにくくなり、薄いコーヒーができるので注意が必要です。そのため、用意するコーヒー豆は普段よりも少し多いくらいがおすすめですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ