ライター : 今野 直倫

JSFCAコーヒーソムリエ / バリスタ

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん一人一人に向き合ってコーヒーを…もっとみる

コーヒーの味わいはドリッパーによって変わる!

コーヒーの味わいは、ドリッパーによって大きく変わります。ドリッパーの形状によってお湯の落ちるスピードが変わり、溝(リブ)の深さや角度、穴の数・大きさによって味わいに変化が起こります。

コーヒードリッパーは、形状から2種類に大別できます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

コク深いコーヒーが楽しめる「台形型ドリッパー」

Photo by 今野直倫

台形ドリッパーは開いている穴が小さく、お湯がゆっくりと落ちる構造。コクが深く、苦味の強いコーヒーに仕上がります。

台形ドリッパーは、苦くて濃いコーヒーが好きな人におすすめです。穴の数はドリッパーによって1〜4つと幅があり、穴が少ないほどと苦味が強くなる傾向があります。

すっきりした味わいになる「円錐型ドリッパー」

Photo by 今野直倫

円錐形ドリッパーは穴が大きく、お湯が流れやすい構造。すっきりした味わいのコーヒーに仕上がる傾向があります。

また、注ぎ方によってお湯の落ちる速度を変えやすいというのも特徴です。気分によって味わいを変えたいという人は、円錐形ドリッパーが良いでしょう。

コーヒードリッパーを選ぶときのポイント

コーヒードリッパーを選ぶときのポイントは、主に素材と大きさ、そして形状です。以下では、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

素材

プラスチック製

安価なものが多く、購入しやすいです。劣化しやすいというデメリットもあります。

陶器製・ガラス製

見た目がおしゃれで、部屋に置いておくだけでもインテリアになります。ただし、湯温が下がりやすいので、コーヒーを淹れる前にお湯をかけて温めておきましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS