ライター : 今野 直倫

JSFCAコーヒーソムリエ / バリスタ

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん一人一人に向き合ってコーヒーを一…もっとみる

コーヒー豆を挽く前に!覚えておくべき基礎知識

Photo by 今野直倫

コーヒー豆を挽く前に、コーヒーミルやコーヒー豆の挽き具合について知っておくと、おいしいコーヒーを淹れられます最低限の知識を押さえておきましょう。

コーヒーミルの種類

コーヒーミルには、手動式と電動式があります。

手動式コーヒーミルは、ハンドルを手で回して挽くミルのことです。手で回すというのが手間な人にとっては、デメリットと感じられるかもしれません。

一方、電動式コーヒーミルは、自動でコーヒー豆を挽くことができるものです。スイッチひとつでコーヒー豆を挽ける反面、手動式に比べて高価なのがデメリットです。

挽き目について知ろう

挽き目(粒度)とは、コーヒー粉の粒の大きさのことです。ペーパードリップで淹れる場合、一般的には「中挽き」と呼ばれる挽き目に挽きます。

中挽きの目安としては、グラニュー糖よりやや大きめくらいを基準にすると良いでしょう。

手動式コーヒーミルの特徴と使い方

Photo by 今野直倫

手動式コーヒーミルは、ハンドルを手で回してコーヒー豆を挽くタイプのミルです。

メリットは、比較的安価で手に入ること。豆が粉砕される感触や、音や香りを直接感じられるのも良いところです。デメリットは、手で挽く手間がかかることでしょうか。

コーヒーを入れる過程を楽しみたいという人におすすめですね。

基本の使い方

Photo by 今野直倫

基本的な使い方は「ホッパー」と呼ばれる部分に豆を入れて、豆を挽き終わるまでハンドルを回すだけ。製品によってホッパーの形状はさまざまで、フタのないもの・あるもの、胴体と一体化しているものなどがあります。

Photo by 今野直倫

コーヒー豆を挽き終わると、ハンドルが軽くなる感覚があります。粉受けにコーヒー粉が溜まるので、ペーパーフィルターに投入してください。

お手入れ方法

使用後は、刷毛やブラシなどでコーヒー粉を払い落とすようにしましょう。コーヒー粉が残っていると、次に淹れるコーヒーに劣化したコーヒー粉が混ざってしまいます。

手動式コーヒーミルは基本的に水洗いができません。内部の汚れが気になる人は、パーツを分解して刷毛やブラシで掃除をしましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ