ライター : はるひ

食&雑貨マニア

子育ての息抜きは雑貨屋めぐりと料理。キッチングッズやアイデア収納の本を読むのも好きです。毎日がちょっとたのしく便利になる、気分を上げてくれる、そんな生活のヒントになるような…もっとみる

キッチンツールフックとは?見た目がよく実用的な収納アイテム

ごちゃごちゃしがちなキッチンツールは、「キッチンツールフック」にお任せ!すっきり収納できて、きちんと感がアップします。また、「吊るす収納は」ツールを手に取りやすいんですよ。調理の効率化も狙えます。

キッチンツールフックの主な種類

スタンドタイプ・つっぱりタイプ

調味料や食器の収納を兼ねていることが多く、スペースを有効活用できます。スタンドタイプは置くだけという簡易さが魅力。安定性が高く、油のボトルやお皿のような重いものも収納可能です。つっぱりタイプはコンパクトな奥行きが特徴。コンロまわりや作業台奥にちょっとしたスペースがあれば設置できますよ。

どちらも安定して置ける場所の確保が必要。特につっぱりタイプは、しっかり固定できるよう底面だけではなく天面も丈夫な場所を選びましょう。

戸棚固定タイプ

頭上の戸棚から吊り下げるタイプです。作業中にすぐ手が届くので、キッチンツールの収納場所として最適なんですよ。ラップの収納や水切りなど、フック以外の機能を備えている商品が豊富です。戸棚の底面に差し込むだけで、簡単に取り付けができますよ。

デメリットは、吊るしたものが手元の視界を遮る可能性があること。大きいものの収納には不向きです。

マグネットタイプ・吸盤タイプ

壁やレンジフード、冷蔵庫の側面といったデッドスペースを生かすなら、マグネット・吸盤タイプがおすすめです。壁を傷つけないので、賃貸の家でも気軽に使えるところが魅力。

設置前には、壁面の素材をチェックしておく必要があります。マグネットタイプは、ステンレス製のようなマグネット対応の場所を探しましょう。吸盤タイプは、ざらざらとした壁や目が細かいタイルには不向きなので注意が必要です。

壁掛けタイプ

シンク下の扉に設置すれば、収納スペースに早変わり!お手軽にチャレンジできるキッチンツールフックです。出し入れのしやすさを優先するなら扉の外側に設置するタイプが、すっきり感のある収納にこだわるなら扉の内側に設置するタイプがおすすめ。

レンジフードにかけるタイプもあります。コンロのそばにキッチンツール収納ができるので便利ですよ。

キッチンツールフックを選ぶときのポイント

まずチェックしたいのはサイズです。設置スペースの幅や奥行き、高さはもちろん、マグネットタイプや吸盤タイプの場合は設置面の確保も重要。取り付けようとしたら、フックの土台が設置面より大きかった……ということがないようにしましょう。

次に確認するのは耐荷重です。フライ返しやおたまのような軽いものなのか、フライパンのような重さがあるものを収納したいのか、あらかじめ決めておきましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ