作り方

1. パイナップルは5mm幅くらいのいちょう切りにし、新しょうがはすりおろしておく

2. パイナップルと砂糖、カルダモンを鍋に入れ中火にかける

3. 砂糖が溶け沸騰したら火を弱め、出てきたアクを取る。木べらで潰しながら、汁気が少しとろっとするまで炊く

4. 新しょうが、レモン果汁を加えてさっと混ぜ、ひと煮立ちさせる

Photo by macaroni

「できあがったジャムを炭酸で割っていただくのがお気に入り。炭酸のシュワシュワにのって、新しょうがとカルダモンの香りがふわっと広がります。まさに夏にぴったりのドリンク。炭酸とジャムを2対1くらいの割合にして、果肉のごろっと感を楽しんでくださいね」

3. ひんやりなめらか。パイナップルのヨーグルトソルベ

Photo by macaroni

調理時間:5分(※冷やす時間は含みません)

パイナップルジャムを使ってもうひと品。パイナップルのヨーグルトソルベです。ジャムさえ作ってしまえばあとはヨーグルト、生クリームと混ぜ合わせるだけ。

混ぜるときはあまりぐるぐるとかき混ぜずに、ざっくりでOK。ランダムなほうがパインの果肉や香りをしっかりと感じることができるそうです。ジャーベットやグラニテとはまたひと味違う、なめらかな舌触りのソルベをご堪能ください。

材料

・プレーンヨーグルト(無糖)……300g
・パイナップルジャム……200g
・生クリーム……100cc

作り方

1. ボウルにヨーグルトと生クリームを入れ、泡立て器でよく混ぜる

2. バットに流し入れ、上からパイナップルジャムを加える。さっとスプーンで混ぜ合わせ、冷凍庫で冷やし固める

3. 食べる少し前に冷凍庫から取り出し、少しやわらかくなったらスクープなどで器に盛り付ける

パイナップル×スパイス料理で、南国気分を味わって

教わったレシピはどれも短時間でささっと作ることができます。長時間キッチンに立つのがおっくうになる、暑い時期にはとってもありがたいですよね。

パイナップル料理がたくさん並んだテーブルを眺めていると、ここは南国?思ってしまうほど、トロピカルな空気に自然とテンションが上がる撮影陣でした。

皆さんもスパイスの効いたパイナップル料理で、おうちで南国気分を味わってくださいね。じめっとした暑い季節に、爽やかな風を吹かせてくれるはず。

取材・文/高崎瑞輝(macaroni 編集部)
撮影/ 實重かおり(macaroni 編集部)
これまでの連載はこちら▼
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ