ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

旬の香りと味わい。秋いちじくを皮ごと楽しむフリット

Photo by macaroni

上品な甘さと爽やかな香りがクセになる旬の果物、いちじく。秋のいちじくはとろっとした濃厚な甘さが特徴で、ほかの食材と合わせてひと手間加えれば、特別な日やおもてなしにもぴったりのメニューに!

この連載では、旬の食材をシンプルに味わう料理が人気の中川たまさんに、いちじくを使ったおすすめレシピを4回に渡って教わります。

Photo by macaroni

料理家/中川たまさん ケータリングユニット『にぎにぎ』を経て独立。料理教室を主宰するほか、雑誌やイベントなどで活躍。著書『季節の果実をめぐる114の愛で方、食べ方』(日本文芸社)や『私の好きなサラダの食べ方』(グラフィック社)では、さまざまな四季の野菜や果物を、より深く味わうレシピを多数紹介している
「いちじくは、ほど良い甘味、酸味、香りがとても上品なフルーツ。味わうほどに奥深く、絶妙なバランスでありながら主張が強すぎないので、いろいろな食材に馴染みます。

今回は、秋いちじく特有のとろみや甘味が生きるフリットをご紹介します。皮ごと揚げることで、香りと味わいをそのまま閉じ込めました。外側のカリッ、内側のとろっとした食感をお楽しみください」

カリッ、とろっと食感が楽しい!すだち香るいちじくのフリット

Photo by macaroni

調理時間:10分

「いちじくを皮ごと切って、衣をつけて揚げるシンプルなフリット。皮の香りや濃い甘味を生かせますし、揚げると皮の繊維も気になりません。

揚げ焼き風に、少量の油でできることも嬉しいポイント。表面がカリッとなったらひっくり返して反対側の面を揚げればOKです。

火を通すことで、生で食べる以上に秋いちじくのやわらかな果肉感が強まります。最後に今が旬のすだちの皮をすりおろして爽やかな香りをプラス。カリッ、とろっとした食感の秋いちじくを存分に楽しんでください」

材料(2〜3人分)

Photo by macaroni

・いちじく……2個
・薄力粉……1/2カップ(約55g)
・炭酸水……100cc
・揚げ油……適量
・すだちの皮(すりおろし)……適量
・塩……少々

作り方

1. いちじくを洗って水気を拭き取り、皮付きのまま4等分に切る

2. ボウルに薄力粉と炭酸水を入れ、ムラがなくなるまで混ぜ合わせる

3. いちじくに衣をつけて、170℃程度の中温に熱した油でカリッと揚げる

4. いちじくを器に盛り付け、お好みですりおろしたすだちの皮と塩を散らす

コツ・ポイント

1. 衣は均一になるまでしっかり混ぜる

Photo by macaroni

「天ぷらと違って、フリットは具材にまんべんなく衣をつける料理です。薄力粉と炭酸水は均一になるまでしっかりと混ぜてください。

と言っても、時間が経つと炭酸が抜けて粘り(グルテン)が出てしまいます。かき混ぜたあとは素早く調理をし、炭酸効果を生かしてさっくり仕上げましょう」

2. サクッとなったら揚げ終わりのサイン

Photo by macaroni

「果物は、お肉やお魚と違って火をしっかり通す必要はありません。むしろ、いちじくの良さを引き出すには火を入れすぎず、中がとろっとした状態でとどめるのがベスト。外側の衣がサクッとなったら、速やかに油から引き上げましょう」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ