ローディング中

Loading...

スーパーで1年中買えるパイナップルですが、食べ頃はいつかご存じですか?パイナップルは温かいところに置いておけばおいしくなるというわけじゃないんです。じゃあ、パイナップルはいつ食べればいいの?パイナップルをおいしく食べる方法教えます!

甘いパイナップルが食べたい!

最近は、季節を問わずスーパーなどで見かけるパイナップル。完熟のパイナップルは甘くてジューシーで、とってもおいしいですよね。そのまま食べてもいいですし、スムージーやケーキなどのスイーツはもちろん、酢豚などのお料理にも使えるフルーツです。

そんなパイナップルですが、一年で一番おいしく食べることができる時期はいつだかご存じですか?実はパイナップルには他の果物とは違う大きな特徴があります!今回は、パイナップルを一番おいしく食べられる食べ頃と、おいしいパイナップルの選び方をご紹介いたします。

ショック!パイナップルは追熟できない!?

バナナやメロン、桃などの果物は、買ってきてから少し置いておくとより甘くなっておいしいと言われていますが、実はパイナップルにはこの「追熟」というものができないんです。

例えばバナナは収穫されたときはまだ緑色で、運ばれる間に黄色に熟して食べ頃になりますが、パイナップルは収穫してから時間が経っても甘くなることはありません。パイナップルはスーパーで売られている時がいわば食べ頃、買ってきたら置いておかずに、すぐに食べるのがよいのです。

なんとなく果物は常温に置いておいた方がおいしい気がしてしまいますが、パイナップルに関しては、あまり長く放置しておくと悪くなってしまいますよ。

買う時が勝負!食べごろパイナップルの見分けかた

追熟しない、ということはつまり、スーパーで買う時にしっかりと熟していて甘いパイナップルを選ぶ必要があります。最近では、カットされた状態で売られていることも多いパイナップルですが、丸ごと買った場合のおいしいパイナップルの見分け方をご紹介いたします。

葉の色が濃くツヤがある

まずはパイナップルの葉っぱを見てみてください。葉が濃い緑色をしていてツヤがあり、葉先までピンと伸びて枯れていないものを選びましょう。色が濃いということは太陽の光をたくさん浴びて育っている証拠であり、ジューシーで新鮮なパイナップル。

また、葉っぱをさわってみてスルっと抜けそうであれば完熟を迎えている証だといいます。パイナップルの葉を見るだけでも、熟しているかどうかの判断になります。注目してみてくださいね。

ずっしりと重いもの

次にパイナップルを実際に手に持って重さを感じてみましょう。見た目よりも重く感じた場合は、実が詰まっていておいしいパイナップルのことが多いですよ。大きさの割に軽い場合は中身がスカスカになっているかもしれません。

下膨れしているもの

下膨れしているパイナップルも、おいしパイナップルでしょう。というのも、パイナップルは下の方に甘みが集まる性質があるので、下膨れしているということは、甘さが強い傾向があります。

全体を見る際、底にカビが生えていないかもしっかりと確認してください。収穫して時間が経ったパイナップルは底からカビが生えてしまったり、傷んで柔らかくなってしまうことがあるそうです。

表面がふっくらとしている

パイナップルの表面の模様にもご注目。他のパイナップルと比べてみて、網目がふっくらとして立体的なものを選ぶとよいでしょう。

パイナップルは同じ株から何回か実がなるそうですが、1番最初に収穫されたものが最もおいしいそう。網目の境目が膨らんだようになっていると、1回目に収穫されたパイナップルである可能性が高いとのことです。

黄みをおびているもの

パイナップルの胴の色は、より黄色いものを選びましょう。青々としすぎているものはまだ熟しきっていないこともあり、酸っぱいパイナップルであるかもしれないそうなので、オレンジ色や赤みのあるものは完熟しているといえるでしょう。

表面にツヤがあるのも新鮮だといいます。時間が経つと皮が乾燥してきてしまうそうなので、なるべく今にも密が溢れ出してきそうなくらい、テカっているものを見つけてみてください。

甘い香りのするもの

熟したパイナップルは、カットされていなくても実から甘い香りがします。完熟したパイナップルの底の部分からは、甘くておいしそうなにおいがするはずです。

パイナップルの賞味期限

パイナップルは買ってきたらすぐに食べるのが理想ですが、すぐに食べられない場合もありますよね。パイナップルの賞味期限の目安はどのくらいなのでしょうか。

丸ごとのパイナップルであれば、4~5日以内に食べるのがよいそうです。ちなみにパイナップルは追熟はしませんが、置いておくことによって多少酸味が抜けて甘くなったように感じることもあるそうです。ただし、とはいえ、傷みやすいパイナップル、なるべく早く食べきったほうがよいですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和に洋に自在!油揚げのおいしいレシピ20!やみつきになるごちそう揃い

レシピ チーズ まとめ

手軽に使える食材として便利な油揚げ。油揚げのレシピはどのようなものを作っていますか?味噌汁や炒め物、お稲荷さんなど、定番メニューもおいしいのですが、チーズを使った洋風アレンジやお好みのもので楽しめる巾着レシピ…

大根おろしをオン!? 江戸時代の「カステラの食べ方」で旨みの新世界を体験♩

カステラ

江戸時代のカステラの食べ方がTwitterで話題になっています!なんと、お料理のようにアレンジする食べ方だそうですが……おいしいのでしょうか?気になる作り方から実際の味わい、さらなるアレンジレシピまで実食レビ…

簡単もちもち♩そばがきの作り方!基本&おいしい食べ方まとめ

レシピ

そばがきを食べたことはありますか?簡単にできるヘルシーなそばがきの作り方をご紹介。通常のそばのように打つ必要はなく、おうちですぐにできますよ。めんつゆで食べる以外にも、好きな薬味で食べたり、甘味にしたりと食べ…

違いが繊細!タリアテッレ・フェットチーネの特徴&種類をガイド

みなさんは、タリアテッレとフェットチーネの違いを説明できますか?太さや原料が同じものだと思っていた方もいるかもしれませんね。意外と知られていない、こんな素朴な疑問を消化しましょう。そして、たくさんの種類のパス…

結局はマリネじゃない!困惑させるエスカベッシュのレシピとは

レシピ

エスカベッシュとはどんなお料理かご存じですか?西洋風南蛮漬けとも言われるエスカベッシュは、南蛮漬けとどこか違いがあるのでしょうか。エスカベッシュの基本的な作り方から、さまざまな応用レシピ、名前の由来など、もり…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

人生をもっと豊かにするワイン好きのための名言『7』選

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

一度は行ってみたい東京都内の映画バー4選!カクテルも楽しめるお洒落空間

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

相手を感動させられること間違いなし!日本酒のプレゼント方法「4」選

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

気になる白髪を黒髪に!? 白髪の予防・改善に効果的な食べ物まとめ

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ミネストローネのリメイクレシピ15選!パスタにリゾットに七変化♩

レシピ スープ まとめ

ミネストローネはおいしいけれど、余ってしまって困っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、リメイクレシピをご紹介します。パスタやリゾットなど、バリエーション豊かに変身させられるんですよ。むしろリメイ…

給料日前を乗り切れ!シャキッとおいしいもやしサラダの人気レシピ25選

まとめ

シャキシャキ食感があとを引くもやしは、低価格でスーパーに並んでいることが多く、節約にぴったりの食材ですよね。今回は、そんなもやしを使ったサラダの人気レシピをご紹介!マヨネーズを使った洋風から、電子レンジ活用の…

ニンニクから芽が出た…!食べられる?簡単な取り方のコツは?

にんにく レシピ

使い切れなかったににんにくを置いていたら、にんにくからいつの間にか芽が出ていて驚くことはありませんか?にんにくの芽は毒性を持っていないため、食べることができるのですよ。捨てずに美味しく食べられる方法をレシピと…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る