4. 具材をのせる

Photo by keiji okazaki

3の上に、1で合わせた具材をのせます。

5. 電子レンジで加熱する

Photo by keiji okazaki

600Wで10分、解凍モードで8分加熱します。

6. ひっくり返して蒸らす

Photo by keiji okazaki

レンジから取り出し、容器をひっくり返して5分蒸らします。これによって水分が均等に行き渡り、ふっくらと仕上がります。

7. お皿に盛り付けて完成!

Photo by keiji okazaki

お皿に盛り付ければ完成です!

バスマティライスのパラパラな食感やお肉の旨味を吸ったおいしさはもちろん、鶏肉のやわらかさとジューシーさも特徴的。

トマトの甘みと鶏肉の旨味で辛さもほどほど、スパイシーだけど食べやすいビリヤニです。

初心者でも失敗しない、4つのポイント

非常に簡単な工程ですが、インド料理初心者に守ってほしいポイントを教えてもらいました。

ポイント1. バスマティライスを使う

Photo by keiji okazaki

「家庭にあるお米で代用したい気持ちはわかりますが、このレシピで作る場合は必ずバスマティライスを使ってください」とイナダさん。

日本米とバスマティライスでは吸水率が全然違うので、今回のレシピで日本米を使うとべちゃっとした仕上がりになってしまいます。バスマティライスを使えば、初心者でもパラッと軽く仕上がり、お米の上品な香りも楽しめます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ