ライター : macaroni 編集部 井上

トレンド担当ディレクター

福島県出身、甘いものと白米が大好物の食いしん坊。インテリア雑貨や陶器が大好きでひと目惚れしたものはすぐに買ってしまう。カレー好きが高じて、レトルトカレーの連載をスタート。話…もっとみる

2021年上半期、みんながこぞって食べたものは…?

※画像はイメージです
2021年もついに折り返し。この記事では2021年上半期に話題となったトレンドグルメをまとめてご紹介します。おうち時間の影響で韓国ドラマの人気が根強くなった影響か、新しい韓国グルメがSNSを賑わせていた印象。

ほかにも、専門店も続々とオープンした台湾グルメや、有名店からもさまざまなフレーバーが販売された話題の菓子パンも登場しますよ。なかには「これは知らなかった!」なんてものもあるかも?

1. 生クリームたっぷり。イタリア発祥の「マリトッツォ」

Photo by macaroni

最初にご紹介するのは、今もっともホットなグルメといっても過言ではない「マリトッツォ」です。食べたことがなくても耳にしたことはあるはず!Instagramでは、ハッシュタグ数約10万件を獲得するほど話題になりました。

マリトッツォとは、たっぷりの生クリームをブリオッシュ生地で挟んだスイーツ。イタリア・ローマの名物で朝食として親しまれてきました。現地では、カプチーノと一緒に食べるのが一般的なんだとか。甘そうな見た目ですが、後味は以外とすっきりしていて食べやすいのもポイントです。

百貨店をはじめ、人気のベーカリー店などからも続々とマリトッツォが登場。旬のフルーツをたっぷりサンドしたものや、ティラミス風味のものなど、バラエティ豊かなものが出揃いました♪
関連記事はこちら▼

2. 専門店も続々登場!プルプル、シュワッと溶ける「台湾カステラ」

Photo by macaroni

日本でも専門店が軒並みオープンするほど、注目を浴びた「台湾カステラ」。Instagramでは、ハッシュタグ数7.5万件を集めています。現地では、「現烤蛋糕(シェンカォウダンゴウ)」と呼ばれ、プル、シュワッと消えていくような新食感が特徴。日本のカステラよりもきめ細かい生地がポイントですよ。

焼き立てはとくに、ふるふると揺れる姿に食べる前から心もほっこりしてしまいます。軽くて甘さも控えめなので、飽きることなく食べられますよ。そして、作り方が簡単という点も魅力のひとつ。

プレーンだけでなく、チョコレートやチーズ味など、今では魅力的なフレーバーもたくさん販売されています。専門店の味はもちろん間違いなく絶品ですが、時間があるときは自分で作ってみるのもおすすめですよ。
関連記事はこちら▼

3. 背徳感がすごい韓国グルメ「マヌルパン」

Photo by china0515

韓国の屋台グルメから人気に火が付き、日本でもブームになった「マヌルパン」。“マヌル” は韓国語で「마늘(にんにく)」の意味を持ちます。平たく言えばガーリックパンということになりますが、日本で馴染みのあるガーリックトーストとはまた違う味わいなんですよ!

たっぷりのガーリックバターとクリームチーズの組み合わせで、甘じょっぱい味わいが最大の特徴です。ガーリックバターがジュワッと口の中に広がり、同時に背徳感が込み上げますよ。一度口にすれば一瞬で心を持っていかれ、食べ始めたら止まらなくなります。

これぞまさに悪魔的で “罪悪感の塊” 。作り方も以外と簡単なので、おうち時間で挑戦してみるのもありかも♪
関連記事はこちら▼

4. 毛糸玉のような「ウールロールパン」

Photo by maa068

SNSを中心に認知度が上がって注目を浴び、じわじわと人気を集めた「#ウールロールパン」。その名の通り、ウールロール(毛糸玉)のような形に焼き上げたミルクパンのことで、コロンとしたフォルムがかわいらしく、毛糸玉にそっくりなんです。

実は、シンプルな材料と工程で、おうちでも簡単に作れるんですよ。ポイントは、生地のこね具合と発酵時間を気長に待つことだけ。扱いやすい生地なので、パン作り初心者さんにもおすすめです。ふわふわとした食感と、バターの味わいとやわらかな口溶けで、食べた途端に幸福感でいっぱいに……。

餡やチョコレートを包み込んだり、チーズやベーコンなどを忍ばせて作るのもいいかも。自分だけのオリジナルウールロールパンを楽しんでみてくださいね。
関連記事はこちら▼

5. パパッと畳んで9秒で完成!「折りたたみキンパ」

Photo by muccinpurin

日本でも人気の韓国グルメ、キンパ。ポークランチョンミートやキムチなど、たくさんの具材をくるりと巻いた韓国海苔巻きで、ごま油の香りが芳ばしくてクセになるんですよね。そんなキンパを9秒で作れる「#折りたたみキンパ」なるレシピが、「この方法なら手軽に作れる!」とSNSを中心に大流行。

巻きすも使わず、パタパタと折りたたむだけでできちゃうんです。ごはんのほかに用意する材料は自由。ポークランチョンミートや薄焼き卵、大葉、キムチなどを海苔のうえにのせて折りたためば完成です!

海苔の1/4しかごはんを使わないので、カロリーが少し低くなるのも嬉しいポイント。通常のキンパよりも “具材を食べてる感” があり、簡単にできるのでお弁当にもぴったりですよ。
関連記事はこちら▼
Photos:6枚
いちごと生クリームたっぷりのマリトッツォ
台湾カステラ
マヌルパンをもっている手元
テーブルの上のウールロールパン
折りたたみキンパの断面
エビロールサムギョプサル
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ