ライター : maa068

パティシエ / フォトグラファー

パティシエ歴20年以上。甘いもの、パン、カメラ、写真が好き。 Instagramにはたまにケーキの写真載せてます。

SNSを席巻「ウールロールパン」とは?

Photo by maa068

最近じわじわと人気を集めている「#ウールロールパン」。その見た目のかわいさから、SNSを中心に認知度が上がり、ハッシュタグ数は2,000以上もあるんですよ。

ウールロールパンとは、その名が表す通りウールロール(毛糸玉)のような形に焼き上げた、コロンとしたフォルムのミルクパンのこと。

「これは作らずにはいられない!」ということで、パティシエの筆者がおうちで真似しやすいレシピをお届けします。せっかくなので、バター多めのリッチな生地の配合にしてみました♪

初心者でも簡単!パティシエ直伝「ウールロールパン」の作り方

Photo by maa068

「パン作りってなんだかむずかしそう……」と思う方も多いかもしれませんが、材料も工程もシンプルです。生地のこね具合と発酵時間を気長に待つことを守れば大丈夫!

扱いやすい生地なのでパン作り初心者さんにもおすすめですよ♪

材料(直径15cm 丸型1台分)

Photo by maa068

・強力粉……160g
・きび糖やグラニュー糖などの砂糖……20g
・インスタントドライイースト……3g
・牛乳……60g
・水……55g
・塩……3g
・バター……20g

手順

1. 生地を捏ね、一次発酵をとる

Photo by maa068

さっそく生地作りを開始!ホームベーカリーをお持ちの方は、生地コースにお任せして一次発酵まで済ませてしまいましょう。

手ごねの場合は、強力粉、砂糖、イーストを同じボウルに入れて混ぜ合わせ、25℃くらいに温めた牛乳と水を加えて混ぜ合わせます。全体に水分が行きわたったら塩を加え、こね始めましょう。

Photo by maa068

生地全体がなめらかになり、しっかりとした弾力が出たらバターを加えてさらに混ぜ合わせます。バターが馴染むまで少し時間がかかりますが、馴染んだら再度こねます。

Photo by maa068

バターを加える前よりも生地にツヤと伸びがあり、なめらかな状態になったらこね上がりです!ボウルに入れて乾燥しないようラップで覆い、暑くない室温ならば2時間ほど、オーブンの発酵機能を使う場合は30℃に設定し一次発酵を1時間ほどとります。

発酵完了の目安は、1.5倍くらいに大きく育ち、指で生地を挿してみて穴が戻らないくらいにふんわりしていれば大丈夫です。

2. 分割とベンチタイム

Photo by maa068

一次発酵が終わったら、台に取り出し生地を3分割します。ひとつ約100gくらいです。

Photo by maa068

麺棒を使い生地を縦長に伸ばしながら薄くし、形と厚さをある程度整えましょう。

Photo by maa068

手前からあまりきつくなりすぎないようにくるくると巻き、巻き終わりを下にしてバットなどに入れて乾燥しないようにラップをします。

Photo by maa068

20分ほどベンチタイムをとり、生地が緩んだら成形していきます。

Photo by maa068

ベンチタイムの間に型を用意しましょう。今回は15cmの丸型、オーブンペーパーをしいています。

3. 成形と二次発酵

Photo by maa068

休ませた生地を麺棒を使って横10cm、縦20cmくらいに延ばします。

Photo by maa068

生地を延ばしたら上から10cmほどのところを縦に5mm間隔に細くカットしていきます。包丁やカードを使いましょう。

Photo by maa068

カットしたら手前から生地をくるくると巻き、巻き終わりを下にしてしっかりとくっつけましょう。

Photo by maa068

3個とも同様に成形したら用意した型に入れ、型の側面に添わせるように3つ並べます。一次発酵同様、暑くない室温ならば2時間ほど、オーブンの発酵機能を使う場合は30℃に設定し二次発酵を1時間ほどとります。
Photos:16枚
網の上のウールロールパン
テーブルの上のウールロールパン
ウールロールパンの材料
パン生地を捏ね始めた場面
パン生地にバターを加えている場面
パン生地がこねあがった場面
こねあがったパン生地を分割している場面
パン生地を延ばしている場面
分割した生地を丸めている場面
丸めたパン生地
紙を敷いたパンの型
休ませた生地を伸ばしているところ
生地を伸ばして端をカットしている場面
端をカットした生地を丸めている場面
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ