ライター : 笹田 実希

管理栄養士

行政栄養士として、学校や病院などの給食施設で働く栄養士と連携し地域住民の栄養改善業務を行う。現在はライターとして身近で役立つ健康・栄養情報を発信している。

クエン酸の効果

エネルギー代謝を助ける

身体の細胞のなかには、「クエン酸回路」と呼ばれるエネルギーをつくり出す代謝経路があります。

そこで中心的な役割を担うのがクエン酸。クエン酸を摂取することでクエン酸回路がスムーズにまわり、身体に取り込まれた栄養の一部からエネルギーをつくり出してくれます。(※1)

ミネラルの吸収を高める

クエン酸には、ミネラルの吸収を高める「キレート作用」があります。クエン酸がミネラル成分を包み込んで、身体に溶け込みやすい形に変えてくれるのです。

実は、ミネラルの多い食品を摂ってもすべてが吸収されているわけではありません。日本人に不足しやすいとされているカルシウム・鉄・亜鉛といった栄養素は、クエン酸と一緒に摂ることで効率良く吸収できますよ。(※2,3)

クエン酸が含まれる飲み物

クエン酸は酸味の成分です。そのため、主に酸っぱいと感じる飲み物にクエン酸が含まれています。例えば、

・レモン
・グレープフルーツ
・夏ミカン
・パインアップル
・温州ミカン
・バレンシアオレンジ

といった柑橘類のフルーツジュースに含まれます。ほかに、梅ジュースにも含まれますよ。

紹介した飲み物以外では、スポーツドリンクやサプリメントウォーターなど、人工的にクエン酸を添加した商品があります。(※2,4,5)

クエン酸の飲み物を飲むタイミング

クエン酸の飲み物を摂取するときは、タイミングを意識することが大切です。なぜなら、クエン酸は一度に多く摂取しても体外に排出されてしまうからです。

運動前や運動後
エネルギー代謝を助けるはたらきがあるクエン酸は、運動前や運動後のもうひと頑張りしたいときに役立つ成分です。柑橘系のジュースには、クエン酸だけでなく糖分も含まれています。糖分は素早く使えるエネルギー源として役立つので、運動前後のエネルギー補給にぴったりです。

食事中
エネルギーをつくり出すクエン酸回路をまわすとき、クエン酸回路の代謝の一部に関わるビタミンB群を一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。食事で栄養を摂り入れながらクエン酸を摂取することで、効率良くクエン酸の力を発揮できますよ。(※1,2,6,7,8,9

コンビニでも買えるクエン酸の飲み物

コンビニで購入可能なクエン酸の飲み物として、下記の商品がありますよ。

・キレートレモン(ポッカサッポロ)

・エッセンシャルズ 鉄分(Tropicana)

レモンや柑橘系の果物を使用したフルーツジュースは、コンビニに多く並んでいます。逆に、スポーツドリンクやサプリメントドリンクは置いていない場合も。100%果実ジュースだけでなく、フルーツジュースにクエン酸を添加した商品もあるので、チェックしてみてくださいね。(※10,11)

※商品によっては取り扱いのない店舗があります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ