ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

おいしくて地球にもやさしいノルウェーシーフード

おいしく栄養価も高いシーフードですが、現在、海洋生態系が直面している危機と商業漁業の関連について、世界で議論が行われています。

ノルウェーでは、持続可能な体制を築くため、厳格な規制に加えて、生態系保全における天然資源、養殖資源の管理をおこない、確かな実績を残しています。

ノルウェーのサステナブルな取り組み

サーモン飼料の持続可能な製造水準を引き上げ

Photo by ノルウェー水産物審議会

ノルウェーサーモンの給餌システムは、生産性の向上と環境保護においても考慮されており、サーモン飼料の産業は海洋成分を多く含む飼料から、より野菜ベースの飼料へと移行しています。以前からサーモン養殖で使用される餌は約7割が植物、約3割が魚由来の原料で構成され、餌に使われるすべての魚由来の原料は、人間が食用とする魚の非可食部位(骨や内臓など)を再利用していました。

そして2021年からは、餌を供給するブラジルのすべての大豆生産者が、サーモンの餌に使用する大豆は森林破壊を行わずに生産されたもののみ利用することを発表しています。

これまでの輸送方法を見直し、カーボンフットプリントの削減

Photo by ノルウェー水産物審議会

現在ノルウェーでは、環境への影響を最大限に低減するためにカーボンニュートラルの実現を目指して、これまでの輸送方法を見直し、カーボンフットプリントの削減方法を考案・実践しています。

原材料の利用率を向上するため、サーモン丸一匹を輸送せずに、切り身の状態にして輸出。全体の輸出キロ数を減らし、カーボンフットプリントを約20%も削減しています。

AI技術を活用し養殖技術の向上へ

Photo by ノルウェー水産物審議会

多くのノルウェーでサーモン養殖事業を手がける企業は、スマート養殖技術を活用して環境への影響を減らし、持続可能な方法で効率的にサーモンを養殖しています。

養殖漁業は、自然災害や気候変動といった環境リスクを常に伴いますが、海洋環境の把握や分析もAIなどの最先端テクノロジーを活用する事で、安定した出荷量を確保できるようになります。

人気料理研究家 ジョーさん考案!ノルウェーサーモンとサバを使ったサステナブル・レシピ

Photo by ノルウェー水産物審議会

SNSで話題沸騰の人気料理研究家ジョーさんによるノルウェーサーモンとサバをおいしく食べるレシピをご紹介!地球にやさしい調理法など、サステナブルなポイントとともにご紹介します。

ノルウェーサーモンとキャベツの丸ごとレンジ蒸し

Photo by ノルウェー水産物審議会

電子レンジで7分!簡単に作れる素材を活かしたヘルシーなひと品です。短い加熱は、ガスは使わず、エネルギー効率の良い電子レンジを使うのがサステナブルポイント!
Photos:16枚
サーモン飼料
カーボンフットプリントの削減
ノルウェーサーモンの養殖業AI化
料理研究家ジョーさん
ノルウェーサーモンとキャベツの丸ごとレンジ蒸し
ノルウェーサーモンとキャベツの丸ごとレンジ蒸し
ノルウェーサーモンとキャベツの丸ごとレンジ蒸し
ノルウェーサバとじゃがいものジャケットポテト
ノルウェーサバとじゃがいものジャケットポテト
ノルウェーサバとじゃがいものジャケットポテト
ノルウェーサーモンのブロッコリーの芯ピュレがけ
ノルウェーサーモンのブロッコリーの芯ピュレがけ
ノルウェーサーモンのブロッコリーの芯ピュレがけ
ノルウェーサーモンのブロッコリーの芯ピュレがけ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ