ライター : みのすけ(柳谷みのり)

菓子教室運営

「みのすけ通信お菓子教室」という通信専門の教室を運営しています 。忙しいかたでも楽しくおいしいお菓子作りが楽しめるようなレシピやポイントをご紹介してまいります。

さっぱりおいしい「お茶ゼリー」を試してみませんか?

Photo by みのすけ

もうすぐそこまで来ている暑い季節。甘いものは冷たくてさっぱりしたものが好まれますね。

なかでもゼリーは人気の高いスイーツ。身近なドリンクを使ったゼリーというと、すぐ思い浮かぶのはコーヒーや紅茶を使ったものだと思いますが、実はほかのお茶を使ってもおいしいゼリーが作れるのです。

今回は緑茶、ウーロン茶、ジャスミン茶を使ったゼリーのレシピを紹介いたします。

アガーを使います

冷やし固めるために使うのはアガー。無味無臭なので、お茶の香りを邪魔しません。

使い方は、砂糖と軽く混ぜ、液体に加えて混ぜながら加熱し、軽く沸かして火を止め、容器に注ぐ。冷めるほどどんどん固まるので、手早く作業しまてください。

今回は、共立食品のアガーを使いました。スーパーなどで手に入ります。

ITEM

ゼリーの素(アガー)

¥980

内容量:25g 原材料:ブドウ糖、寒天、ゲル化剤(増粘多糖類)

※2021年7月10日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

硬めのお茶ゼリーのレシピ

Photo by みのすけ

まずは硬めのお茶ゼリーのレシピをご紹介します。型から出しても崩れず、適度な弾力があり、歯切れ良い食感です。

材料(シリコンカヌレ型10個分程度)

・お茶(緑茶、ジャスミン茶、ウーロン茶など)……240g
・グラニュー糖……24g
・アガー……8g

作り方

お茶が冷たすぎると固まらないことがあるので、お茶が40℃程度の状態から作業をはじめます。

1. グラニュー糖とアガーを混ぜたものを、お茶の入った鍋に少しずつ加えながらホイッパーで混ぜる

2. 中火にかけてホイッパーで混ぜ続ける

3. 軽く沸騰(90~100℃)させて30秒程度加熱したら火を止める
※グラグラ煮立たせすぎないように気を付けてください

4. 準備しておいた型に流し、冷え固まるまで冷蔵する

5. 型から外してできあがり

冷え固まるまでの時間は20分程度ですが、芯までしっかり冷やしたほうがおいしいので、余裕をもって冷やすことをおすすめします。

ゆるめのお茶ゼリーのレシピ

Photo by みのすけ

次に、ゆるく固めるお茶ゼリーのレシピをお伝えします。口の中で溶けるゼラチンを使ったものとは違う、アガーならではののど越しの良さが特徴です。

編集部のおすすめ