ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

缶詰は湯煎での温めがおすすめ!

Photo by leiamama

缶詰をおいしく食べるには、湯煎で温めるのが一番。缶は熱伝導が良いため、沸騰させたお湯に缶詰をつけておくだけで十分温まります。火を止めた状態で湯煎するので火加減の調整は不要、つけ置き時間もアバウトで大丈夫ですよ。

缶詰の温め方法

1. お湯を沸かす

Photo by leiamama

鍋に缶詰がかぶるくらいの水を入れ、お湯を沸かします。

2. 沸騰したら火を止める

Photo by leiamama

沸騰したら火を止めます。コンロの火を止めずに蓋の閉まった缶詰を温め続けると、破裂する可能性があるので絶対にやめましょう。

3. 缶詰を入れる

Photo by leiamama

缶詰の蓋は開けずに、火を止めた鍋に入れて3~5分ほどそのまま温めます。

4. 鍋から取り出す

Photo by leiamama

つけ置く時間は、缶詰のサイズによって調整してください。取り出すときは、缶がとても熱くなっているので要注意。トングやお玉などを使うといいですよ。

5. 缶詰を開ける

Photo by leiamama

全体に熱が行き渡っているので、そのままでおいしくいただけます♪ 蓋を開けるときは缶が熱くなっているので、火傷に気をつけてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ