ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

いっしょに食べよう!頑張らない「親子ごはん」

Photo by macaroni

「お母さんといっしょのが食べたい!!!」

小さな子どもが大人と同じ料理を食べたがる。お母さんたちが一度は経験する場面ではないでしょうか。かといって、大人と同じ味付けのものを食べさせるにはまだ早い。

そんなとき、ぜひ作って欲しいのが “親子ごはん”です。親と子がいっしょに食べられて、かつ大人が食べても満足感のある料理。この親子ごはんのレシピを、自らの子育て体験をもとに考案・発信されている方がいます。

スタイリスト・宇藤えみさんが「親子ごはん」を通して伝えたいこと

Photo by macaroni

スタイリスト / 宇藤 えみさん(@emiuto) ファッション・フードスタイリストとして活躍。食の分野では、レシピ開発やテーブルコーディネートなどをおこなう。日本の四季や伝統を、現代のライフスタイルに上手に取り入れた暮らしぶりを発信している

「いっしょに食べること」を大切にして欲しい

「子どもって、大人と同じものを食べているというだけで、満足感が得られるんですよね」

そう話すのはスタイリストであり、4才の息子を持つ母でもある宇藤えみさん。育児に追われ、自らの食事が疎かになり体調を崩した経験から、子どもだけでなく、母親自身もしっかり食べなければいけない、と気がついたそう。

「お母さんってとっても忙しい。子どものごはんを作って食べさせて、自分はキッチンに立ったまま残り物をかきこむ、なんてことも多いですよね(笑)。でも私が大切にしているのは、どんなに忙しくても子どもといっしょに食べるということ。子どもは親のマネをしてパクパク食べてくれるし、なによりお母さん自身もちゃんと食事を摂れる。そんな食卓に、この親子ごはんを活用して欲しいです」(宇藤さん)

出汁は「水出し」で時短

Photo by macaroni

【左:いりこと干し椎茸の水出汁】(水1L、いりこ10〜15g、干し椎茸2個)【右:昆布の水出汁】(水1L、昆布5g)……それぞれ水に材料を入れ、冷蔵庫でひと晩浸けておく。
「世の中にはたくさんの “時短料理” なるものが存在しますが、大切なのは、ひと手間加えた時短料理であることだと思うんです。

例えば、前日の夜に出汁を水出ししておき、朝はそれを使ってお味噌汁を作る。これくらいのひと手間で十分だと思っています。

また、薄味でも出汁が効いていれば、大人が食べてもおいしいと感じます。これから紹介するレシピにも、この出汁を使ってみてくださいね」(宇藤さん)

1. まあるく握る。ゴボウと鶏ひき肉のおにぎり

Photo by macaroni

【材料】(2〜3人分)
・出汁(いりこと干し椎茸の水出汁)……250cc
・米……2合
・鶏ひき肉……150g
・ゴボウ……1本
<A>
・しょうゆ……小さじ2杯
・みりん……小さじ2杯
・酒……小さじ2杯
・塩……少々

【作り方】
1. 米をとぎ、ゴボウは細かくさいて水にさらして水気をきっておく。
2. 土鍋(炊飯器)にといだお米と出汁とAを入れて軽く混ぜる。
3. 鶏ひき肉とゴボウを入れて炊く。
4. 炊けたらおにぎりにする。大人はお好みで塩を加えて調節する。

ポイント:おにぎりは「手」で握る

Photo by macaroni

「おにぎりは、ラップを使わずに自分の手で握るようにしています。

小さい頃、母の握るおにぎりってなぜかとてもおいしく感じませんでしたか?手で直接握ることで、肌の温もりが調味料となり、その人にしか出せない味になると思うんです。

大好きな『佐藤初女(さとうはつめ)』さんの本に書かれていました。おにぎりは、簡単に見えていちばん愛の伝わる料理だと。自分の子どもにも、私の味を覚えていて欲しいなと思います」(宇藤さん)
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS