ライター : yuukitohikari

娘に作る、子どもが喜ぶごはん。 夫に作る、ごはんに合うおかず。 私に作る、お酒に合うおつまみ。 定番食材で美味しく食べるレシピを紹介します。

晩酌のお供にはアボカドおつまみがおすすめ

Photo by yuukitohikari

スーパーで目にすると、ついつい手が伸びてしまうアボカド。切って添えるだけでも献立のひと品となり、和え物にしてもおいしい食材です。特に、私のような飲み助にとって、アボカドは欠かせない存在。お酒との相性が良く、ひとひねり加えるだけで最高の肴になるんです。

そんなわけでこの記事では、存分に晩酌を楽しめる、アボカドを使ったおつまみレシピを紹介します。

1. 切って焼くだけ!「アボカドグリル」

Photo by yuukitohikari

まずはアボカドグリルのレシピから。レシピといっても、本当に切って焼くだけ。調理時間はものの5分くらいです。

焼きたてあったかアボカドは、ホクットロッとした心地よい食感。すぐ飲みたい!というときにもってこいのひと品です。

材料(2人分)

・アボカド……1個
・チューブわさび……適量
・醤油……適量

作り方

1. アボカドを半分に切り、種を取り除いて6等分のくし切りにする

2. 魚グリルに1を並べ、焼き色がつくまで焼く(中強火で3〜5分くらい)。フォークで実をすくって、わさび醤油でいただきます

2. 3分で完成!ワインのお供に「生ハムとアボカドのカナッペ」

Photo by yuukitohikari

アボカドとクリームチーズを混ぜてなめらかにして、生ハムと一緒にクラッカーにのせたらワインのお供が完成。火を使わずできるズボラレシピですが、見た目からはそう感じさせないのがうれしい(笑)。

レモン汁の酸味がさわやかで、生ハムの塩味がアボカドの自然な甘味にマッチ。ピリっと黒こしょうで味がしまります。

アボカドは少し熟したものを使うのがポイントです。

材料(2人分)

・アボカド……1個 → 半分に切り種を取り除き、皮をむく
・クリームチーズ……30g
・生ハム……5〜6枚
・クラッカー……10〜12枚
A 塩……適量
A 黒こしょう……適量
A レモン汁……小さじ1杯
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS