11. 名古屋のシンボルを連想させる「エビフライ」

「尾張名古屋は城でもつ」といわれるほど、名古屋城は名古屋のプライドでありシンボル。その頂に輝く「金のシャチホコ」は、名古屋人にとって特別な存在です。愛称「金シャチ」にどことなく形が似ているのが「エビフライ」。

名古屋人の好物という通説がひとり歩きしている感は否めませんが、愛知県の県魚は「クルマエビ」で、お土産の定番「坂角のゆかり」や「天むす」もエビなしでは語れません。エビ資源に恵まれ、エビ愛が強いことは間違いなさそうです。

エビが衣をまとってインパクトを増したエビフライは、名古屋グルメに神出鬼没。サンドイッチの具になったり、金シャチポーズでカレーうどんにトッピングされたり、名古屋メシに欠かせない存在です。

名古屋の喫茶店文化を牽引「コンパル」

昭和22年に名古屋の大須で創業し、濃厚で深みのあるコーヒーを名物とする「コンパル」。親しみを感じる名前は、創業社長が戦中に中国で見かけた「金春」という繁盛店にちなんで付けたそうです。

昭和35年からはレストランのシェフを招き、本格的なサンドイッチメニューを展開し始めました。25種類ほどあるサンドイッチは、どれもボリュームたっぷりです。

テイクアウトもおこなっているため、名古屋駅や栄、金山の地下街にある店舗では、昼どきになるとオフィスでのランチ用に買い求める方で賑わいます。

エビフライサンド

980円(税込)
「コンパル」を代表するメニュー「エビフライサンド」。エビフライ3本とふんわり焼き上げた玉子を、自社製のカツソースとタルタルソースのダブルでいただきます。

たっぷり入ったキャベツの千切りと、トーストしたパンが食感に変化をつけて、最後までおいしくいただけるのも魅力的。名古屋駅前の地下街にも店舗があるので、旅のお供にいかがでしょう?
店舗情報

一度食べたら忘れられなくなる名古屋グルメ

名古屋グルメの数々をご紹介しましたが、どのような印象を抱かれましたか?関東風でもなく関西風でもない、独自路線を歩み続ける名古屋グルメは、どれもインパクト強めです。一度食べたら忘れられない味わいを、ぜひ名古屋で体感してください!
※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS