6. そのまま10分置いて完成

Photo by akiharahetta

火を消してそのまま10分置きます。ひっくり返す前は、まだ赤さが残っていましたが大丈夫なのでしょうか?ちょっと心配ではありますが、これで「30分チキン」の完成です!

おまけ。残ったエキスでソースも作れる

Photo by akiharahetta

焼き終えたフライパンには、旨みのエキスがいっぱい残っています。好みの調味料や食材を投入して、ぜひソースを作ってください。

イナダさんはトマトソースを作ってました。筆者は料理酒とワインビネガーであっさりしたソースにしましたよ。

難易度低め!肉汁あふれる「30分チキン」ができた

Photo by akiharahetta

放っておくだけでできてしまった「30分チキン」。余分な脂が抜けた皮はパリパリとして薄く、長時間じっくり焼いたロティサリーチキンのようです。肝心の味はどうなんでしょうか?

ナイフで切ってみてびっくり!中から肉汁があふれました。「これが鶏むね肉?」と驚かずにはいられないほどジューシーです。ぷりぷりとしっとりの中間のような食感で、パサつきはありません。

いや〜安い鶏むね肉が、見事ごちそうに変わりました。

生っぽさは?赤みは気にならない?

焼いていたときに心配していた、半生の赤みはまったくありませんでした。10分余熱で火を通したおかげですね。もちろん、鶏むね肉の厚さによって状態は変わりますので、十分確認してください。

プロの知識とテクニックが詰まった魔法のレシピ

Photo by akiharahetta

「30分チキン」は、本当においしく焼ける魔法のようなレシピでした。その秘密は、簡単そうに見えますが、弱火に徹すること、フタで蒸らさないことなど、実はプロの知識とテクニックが詰まっているんですね。

しかも普通のフライパンで作れるなんてうれしい限り。なにもかも、目からウロコでした。ぜひ一度試してみてください。
※本記事は、イナダシュンスケさんのご協力のもと、株式会社トラストリッジが作成しています。
Photos:12枚
グレーの皿にのったチキンソテー
30分チキンとハーブとニンニク
鶏むね肉とにんにくやローズマリー
白いフライパンに入った鶏むね肉
キッチンタイマーと鶏肉
鶏肉を焼きながらフライパンを傾けているところ
白いフライパンで鶏肉を焼いているところ
ターナーでチキンソテーをひっくり返す様子
チキンソテーを作っているところ
白いフライパンに残ったニンニクと肉汁
鶏肉を焼いてナイフでカットしたところ
青いキッチンタイマーと鶏肉
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS