水分補給はお茶でもいい?管理栄養士が夏におすすめの水分補給方法を伝授

熱中症や脱水症状の対策には、水分補給が欠かせませんよね。しかし、お茶で水分補給をしてよいのか気になる方は多いのではないでしょうか?この記事では、管理栄養士がお茶は水分補給に適しているのかを解説し、さらに夏の水分補給におすすめの飲み物を紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

2020年7月6日 更新

ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養…もっとみる

暑い夏。水分補給はお茶でも良い?

脱水症状の対策には、のどが渇く前に飲み物を飲むといったように、こまめな水分補給が欠かせません。汗を多くかく夏の熱中症対策には、水分と合わせて排出される塩分(ナトリウム)を摂ることが大切です。

日常生活上で水分を取り入れる際は、水やお茶でもかまいません。しかし、大量に汗をかいた場合やスポーツ中などでは、適切な水分補給とならないおそれがあります。状況に応じて、水分補給の仕方を変えましょう。(※1,2)

水分補給にお茶を避けたほうが良い理由

利尿作用がある

お茶には利尿作用がある「カフェイン」が含まれており、水分補給にあまり適していません。かえって尿の量が増え、身体から水分が失われるおそれがあるため、注意しましょう。

なお、カフェインが含まれている量は、お茶の種類によって異なります。100ml当たりの含有量は、煎茶やウーロン茶が20mg、玉露が160mgです。水分補給の際はとくに、カフェイン量が多いお茶は避けましょう。(※3,4,5)

塩分が補えない

お茶を飲むだけでは塩分が補えないため、暑い時期の水分補給に向いていません。前述した通り、熱中症対策には、汗で失われる塩分を合わせて摂ることが大切です。

汗をかいたあとに水分だけを摂ると、血液中のナトリウム濃度を維持するために、かえって水分の排出量が増えるおそれがあります。体液の量が減って体温が上昇しやすくなり、熱中症のリスクが高まるので注意しましょう。(※2,3)

夏はどんな飲み物を取り入れるのがおすすめ?

経口補水液

熱中症対策の水分補給には、経口補水液が適しています。経口補水液は体液の成分に近くなるようミネラルが配合されており、素早く体内に吸収されるのが特徴です。また、腸管での水分吸収を促すために、糖質が含まれています。

経口補水液はスポーツドリンクより塩分(ナトリウム)の含有量が多く、ナトリウム濃度が低下しやすい長時間の運動中におすすめです。(※2,6,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS