ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

韓国で定番!インスタント麺「ジンチャンポン」

Photo by muccinpurin

「オットギ ジンチャンポン」210円(税込/参考価格)
次々と日本に上陸する韓国インスタントラーメン。この記事で取り上げるのは、ここ最近韓国グルメ通の日本人の間で注目度ナンバーワンのジンチャンポン(진짬뽕)です。

韓国では定番中の定番としてだれもが知る存在のジンチャンポン。日本のまろやかなチャンポンとは違い、唐辛子が入っているのが特徴です。海鮮系の出汁が効いた王道味で、広く親しまれているんですよ。

平打ちのもちもち麺がポイント

Photo by muccinpurin

ジンチャンポンは、調味液とかやく、辛味オイルと麺がセットになっています。麺は韓国のインスタント麺にしては珍しく太めの平麺。

味はもちろんですが、人気の秘密はこの平麺にあるようです。

しびれる辛さのあっさりチャンポン

Photo by muccinpurin

スープの赤さからもわかるように、しびれる刺激的な辛さが特徴です。魚介系の旨みが溶け込んだスープは濃厚そうに見えますが、驚くほどあっさり。

太くやわらかいものが多い韓国インスタント麺には珍しい平麺。伸びにくく、食べていてもコシがあって麺そのものに旨みを感じます。量が多く太さもあるためか、とても腹持ちがよく、筆者はランチに食べましたが夜までまったくお腹が空きませんでした。

SNSで話題沸騰!ジンチャンポンのカルボナーラ風レシピ

Photo by muccinpurin

ここ最近注目されているのが、韓国のインスタント麺のアレンジレシピ。映画『パラサイト』で話題になったチャパグリが記憶に新しいですよね。

じつは「ジンチャンポン」のカルボナーラアレンジもそのひとつ。韓国のインフルエンサーがSNSに投稿するやいなや、その手軽さと胃袋を鷲掴みにするビジュアルで、瞬く間にブームになりました。

見た目はカルボナーラですが、パスタも生クリームも卵も使わない手軽さもヒットの理由のようですよ。実際に作ってみました!

材料

Photo by muccinpurin

・ジンチャンポン……1袋
・牛乳……150~200cc
・ベーコン……1枚
・玉ねぎ……1/4個
・にんにく……1片
・ダシダ……小さじ1/2杯
・ピザ用チーズ……適量

※ピザ用チーズはスライスチーズ、粉チーズなどで代用できます。

作り方

1. 麺をゆでる

Photo by muccinpurin

鍋にたっぷりの湯を沸かし、ジンチャンポンの麺をゆでます。通常のゆで時間は5分半ですが、カルボナーラアレンジのときはソースを絡める際にも火が入るので、ゆで時間は4分とします。
Photos:13枚
オットギ ジンチャンポンのパッケージ
ジンチャンポンの麺、辛味オイル、調味料、かやく
ジンチャンポンの麺を箸で持ちあげる様子
ジンチャンポンを使ったカルボナーラ
ジンチャンポンの袋、ベーコン、にんにく、玉ねぎ、ピザ用チーズ、ダシダ、牛乳が並んだテーブル
鍋でジンチャンポンの麺をゆでる様子
フライパンでベーコンと玉ねぎを炒める様子
牛乳とソースを加えたフライパン
ジンチャンポン麺とソースを絡めているところ
フライパンにチーズを加えて和える様子
フォークとスプーンを使ってジンチャンポンカルボナーラを食べる様子
フォークを使ってジンチャンポンカルボナーラを食べる様子
テーブルに並んだジンチャンポンカルボナーラとジンチャンポンのパッケージ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS