ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

パンケーキの代わりはコレ!

Photo by muccinpurin

おうち時間にお菓子作りやパン作りをはじめる人が増え、スーパーから小麦粉が姿を消しています。小麦粉だけではなく、ホットケーキミックスやベーキングパウダーなど、いつもならスーパーやコンビニで気軽に買えるアイテムまで棚が空っぽ。

そこで今回は、手軽に用意できておいしい、業務スーパーの「ホットク」をご紹介します。温めるだけで食べられるので、ホットケーキを焼くより簡単かも!?

ホットクって?

ホットクとは、韓国風のおやきのことを指します。小麦粉やもち粉で作った生地にシナモンや黒砂糖を包み、多めの油を引いた鉄板で揚げ焼きすることで香ばしさをプラス。アツアツをかぶりつけば、中から蜜がとろ~りあふれます。韓国では子供から大人にまで広く愛される庶民の味だそうですよ。

片手で気軽に食べられることから屋台で売られることが多く、ファストフード感覚で親しまれています。

業務スーパー「ホットク」

Photo by muccinpurin

「ホットク」298円(税別)
業務スーパーで販売されているホットクは、本場韓国直輸入。パッケージにも韓国の屋台がデザインされ、ハングルが記されています。

韓国では屋台で焼きたてが売られているので、旅行の際に食べ歩いたという方も多いはず。焼きたてのアツアツは、蜜がとろんととろけておいしいんですよね。

日本でも手作り用のミックスが販売されるほど人気のホットク。業務スーパーのホットクは温めるだけの手軽さがうけ、“業スーラバー” のあいだでは知らない人がいないほどの人気商品です。

1枚約80円とコスパ抜群!

Photo by muccinpurin

ひと袋4枚入りで税込321円なので、1枚あたりの価格は約80円。コンビニで菓子パンを買うよりも安く、かなりリーズナブルですね。韓国料理店の多い新大久保のホットク屋さんでは、1枚250円ほどが相場なので、圧倒的に業務スーパーのホットクの方がお得です。

口コミも上々!ファン多し

Twitterやインスタグラムを覗いてみると、業務スーパーのホットクを常備しておやつとして食べている人が多い様子。「おやつ用に買っておいてよかった!」「韓国を思い出す~」という称賛の声が聞こえてきます。

やはり、サッと焼くだけで食べられる手軽さがうけているようですね。

調理はフライパンかトースターのふた通り

Photo by muccinpurin

ホットクには、ふた通りの調理方法があります。ひとつはフライパンで焦がさないように約7分ほど焼く方法。もうひとつは解凍したホットクをオーブントースターで5分焼く方法です。

どちらも10分以内でできるので、「お腹が空いておやつまで待てない」というときにもスピード調理でお腹を満たしてくれますよ。

今回は冷凍のまま調理できるフライパン方式で温めてみました。凍ったままのホットクを予熱したフライパンにのせ、焦がさないようにじっくり焼くと……ご覧のようにきれいなきつね色の焼き色が付きます。生地に油を使っているので、フライパンに油を敷く必要はありませんよ。
Photos:11枚
青い皿に2枚並んだ業務スーパーのホットク
業務スーパーのホットクのパッケージ
青い皿に4枚重なったホットク
フライパンにのせたホットクをフライ返しで裏返す様子
半分にカットして手に持った業務スーパーのホットク
皿に並んだ半分に切ったホットクと丸のままのホットク
バターをのせてフォークとナイフを添えた業務スーパーのホットク
ホットクの表面にナイフでバターを塗り広げる様子
ラムレーズンアイスをのせた業務スーパーのホットク
ホットクにのせたラムレーズンアイスが溶けて流れる様子
青い皿に2枚並んだ業務スーパーのホットク
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS