ライター : TETOTETO

「てとてと」とは、料理を通して場を創造するおもてなし夫婦ユニットです。 東京 自由が丘にある築40年のビンテージマンションをフルリノベーションし自宅兼、てとてと食堂として完全予…もっとみる

素材のおいしさを満喫!「アスパラのステーキ」

Photo by TETOTETO

こんにちは、「てとてと」です。 季節を感じる食材を使い、簡単に作れる料理をご紹介しています。

この記事でお教えするのは、「アスパラのステーキ」のレシピ。
春先に出回るイメージの強いアスパラですが、実は2回旬があります。春に収穫される「春芽」と、夏以降に収穫される「夏芽」。

春芽のアスパラの特徴は、そのやわらかさです。筋も少なく、生でも食べれるくらいやわらかいので、アスパラのおいしさをストレートに味わうなら、春芽のアスパラがおすすめです。

一方、夏芽はシャキシャキとした食感と、さわやかな甘みと旨みが特徴です。

「アスパラのステーキ」の材料(作りやすい分量)

Photo by TETOTETO

・アスパラ……8〜10本
・パルミジャーノ・レッジャーノ……30gぐらい(粉チーズではなく固形がおすすめ)
・オリーブオイル……大さじ1杯
・塩……少々
・水……大さじ1杯
・ブラックペッパー、塩……お好みで

「アスパラのステーキ」の作り方

1. アスパラの下処理

Photo by TETOTETO

アスパラを洗ったら、根元から5cmくらいまでの皮をピーラーを使って剥きます。下の方は皮が厚くて、食べられません。

Photo by TETOTETO

皮がむけたら、根元から2cmくらいを切り落とします。

2. アスパラを焼く

Photo by TETOTETO

フライパンを温めてオリーブオイルをひいたら、アスパラを並べて塩をふって、中火で焼いていきます。

Photo by TETOTETO

中火で1分焼いたら、ひっくり返さずに、大さじ1杯の水を入れて蓋をし、さらに1分焼きます。

3. 盛り付ける

Photo by TETOTETO

器にアスパラを並べます。

Photo by TETOTETO

固形のパルミジャーノ・レッジャーノを、おろし金などで削りながらたっぷりかけます。
最後にお好みでブラックペッパー、塩をふりかけたら完成です。

ワンポイント

固形のパルミジャーノ・レッジャーノが手に入らなかった場合は、粉チーズでも代用できますが、固形のチーズの方が断然おいしいです。

我が家では、24ヶ月熟成のパルミジャーノ・レッジャーノを使っています。少し高級なチーズですが、シンプルな料理だけにチーズにこだわってみるのもおもしろいのではないでしょうか。

特集

FEATURE CONTENTS