ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

牛のギアラは4つある胃のうちのひとつ

4つある牛の胃のなかで、小腸に一番近い第四胃をギアラと呼びます。ほかの3つが反すう動物特有の発酵分解を担う胃であるのに対して、ギアラだけが消化液を分泌する本来の胃です。

赤みがかった胃壁の表面は、ツヤがあってなめらかな見た目が特徴。赤センマイ、赤センという別名があることでも知られています。

ギアラとほかの3つの胃袋との違いは?

ギアラを含めた4つの胃はすべて、ホルモンとして食べられる部位。第一胃のミノは白くてコリコリと弾力ある食感が人気で、第二胃のハチノスは下処理して、長時間ゆでる煮込みに最適です。

第三胃のセンマイもゆでて丁寧に下処理したものが、お刺身や焼肉に好評。黒いセンマイに続いていて赤っぽいことから、赤センマイとも呼ばれるギアラが第四胃となります。

ギアラの味わいとおすすめの食べ方

ギアラの味わいと特徴

ミノとハチノス、センマイは消化器系独特の臭みがありますが、ギアラにはそのような臭みはあまりありません。脂がほどよくのって甘く、濃厚な味わいと歯ごたえのある食感が特徴。

胃上部のギアラ芯と呼ばれる部分が、肉厚で脂も多いため特に人気があります。

焼肉でギアラを食べるときの焼き加減

脂肪を豊富に含んでいる部位であることから、生のギアラを焼くときはしっかりめに焼いて、ある程度脂を落とすほうがおいしくいただけます。

ほどよく焼けたギアラを噛みしめると、甘い脂が口の中いっぱいに広がり、濃厚な味わいを楽しめると評判ですよ♪

ギアラがおいしいおすすめの食べ方

ギアラは濃厚なうま味が持ち味ですから、焼くときは普通の焼肉ダレで十分です。脂が多いことから味噌や塩ダレ、コチュジャンに唐辛子などを加えたピリ辛ダレもおすすめ。もつ鍋やホルモン炒め、煮込み料理にしてもおいしくいただけます。
Photos:5枚
ほどよく焼けたギアラと玉ねぎ
タレを絡めた生ギアラとミノ
ギアラと野菜の炒め物
タレを絡めた生のギアラ
皿に盛られた生のギアラ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS