バターにはないコクと深み! いま話題の「ギー」を使ったバナナブレッド

「ギー」ってご存じですか? 簡単に言うと、無塩バターを煮詰め、そこから水分や蛋白質を取り除いて、純粋な乳脂肪になったバターオイルの一種なのですが、実はその健康面で注目が集まっているオイルなのです。今回はギーを使った、バナナブレッドの作り方をご紹介します。

2020年4月2日 更新

ライター : おいしいマルシェ

暮らしをちょっと楽しくする、おすすめのグルメ・スイーツ・ギフト、食にまつわるモノを厳選してご紹介。日本最大級のお取り寄せ情報サイト「おとりよせネット」が運営。

料理ブロガー かな姐さん

「ギー」ってご存じですか?

簡単に言うと、無塩バターを煮詰め、そこから水分や蛋白質を取り除いて、純粋な乳脂肪になったバターオイルの一種なのですが、これを料理に使うととっても美味しい!使いやすい!便利!という味や使い心地の方面からではなく、実はその健康の方面で注目が集まっているオイルなのです。

セレブの間では「ギー」はもう常識とか。ここ数年、身体によいものをなるべく摂りたい!健康でありたい!と心がけているアラフィフのわたしも興味津々!

というわけで、今回送って頂いたものはずーっと気になっていた「ギー」。輸入食材店などでも売られているのはたまに見かけるものの、値段も種類もさまざまで、どれを選んだらいいのか正直わからず……

で、送って頂いたのがこちらのギーです。
半固形の状態と言いますか、ココナッツオイルくらいの固形といいますか。液体の部分と固形の部分が混じっている感じのオイルでした。

バターを煮詰めたものなので、ひとさじ使うだけでお料理にコクが増します! 固形じゃないのでそのままでも素材になじみやすく、日常的に使いやすい!ふわふわの食パンにも塗って食べられますし、まさにバターの代わりに使えます。

動物系のたんぱく質を入れない、お野菜だけで作ったスープやカレーにこのギーを入れると一気にコクが増し、食べ応えが出ました。

バターだと冷蔵庫から出してきて切り分けてって作業がいるけど、これならスプーンですくうだけなのでめちゃ楽!
今回はスパイスと合わせた焼き菓子に使用してみました。オイルなので固形のバターよりも扱いやすく生地に混ぜ混みやすく、仕上がりはコクと深みがあってめちゃくちゃ美味しいです!!

ギーを使ったバナナブレッドのレシピ

材料(パウンド型1台分)

・バナナ 150g
・キビ砂糖 50g
・ギー 50g
・卵 2個
・塩 ひとつまみ
・ホットケーキミックス 150g
・シナモン、ナツメグ、クローブなどのスパイス お好みで

作り方

1. 型にクッキングシートを敷く。耐熱ボウルに皮を剥いて一口大にちぎったバナナを入れ、600Wの電子レンジで1分半加熱する。熱いうちにキビ砂糖を入れてホイッパーで崩しながら混ぜる。オーブンは170度に予熱を開始する。

2. ギーを入れてさらに混ぜ、卵を割りいれてどんどん混ぜる。塩とホットケーキミックスを入れてざっくりと混ぜる。
3. 用意しておいた型に流しいれ、底を台に打ち付けて空気を抜く。天板にのせ、170度のオーブンで35~40分ほど焼く。串をさしてみて生の生地が付いていなければ焼き上がり。ケーキクーラーの上に出して冷ます。
※バナナはレンジで加熱すると崩れやすくなり、生地と混ぜやすくなります。 ※焼きあがった直後にラム酒を表面に塗って仕上げても美味しいですよ。
バターの代わりに健康的なオイルをお探しでしたらぜひ!お試しください。
提供元:

特集

FEATURE CONTENTS