ライター : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

栄養満点!魚肉ソーセージの栄養とは?

たんぱく質

魚肉ソーセージに含まれるたんぱく質は100gあたり11.5g。

たんぱく質は筋肉や皮膚などの構成成分であるほか、ホルモンや酵素などの体の機能を調節する成分としてはたらき、生命の維持に欠かすことができない栄養素です。たんぱく質が不足すると成長が滞ったり、体力や免疫力の低下につながるおそれがあります。(※1,2)

DHA

魚肉ソーセージに含まれるDHAは100gあたり50mg。

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは、青魚に多く含まれる多価不飽和脂肪酸です。DHAは、血中の善玉コレステロールを増加させ、中性脂肪を減らすはたらきがあります。また、脳内で記憶や学習にかかわる部分に存在し、脳を活性化させる栄養素といわれています。(※3,4)

EPA

魚肉ソーセージに含まれるEPAは100gあたり18mg。

EPA(イコサペンタエン酸 / エイコサペンタエン酸)は、DHAと同じく青魚に多く含まれる多価不飽和脂肪酸。体内で合成できないため、食事から摂取する必要のある成分です。DHAと同じく、血中の善玉コレステロールを増やし、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすはたらきがありますよ。EPAとDHAは一緒に摂ることで、相乗的に作用するといわれています。(※3,5)

カルシウム

魚肉ソーセージに含まれるカルシウムは100gあたり100mg。

カルシウムは骨や歯の構成成分となる、体内に一番多く存在しているミネラルです。骨の形成にかかわっているので、不足すると骨や歯が弱くなり、骨の健康に影響することも。ビタミンDと一緒に摂ることで、吸収が高まるといわれていますよ。(※1,6)

魚肉ソーセージのカロリーや糖質量

魚肉ソーセージ1本(100g)のカロリーと糖質量

エネルギー量(カロリー)……161kcal
糖質量……12.6g(※1)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS