ライター : Mari

オリーブオイルソムリエ / 北海道フードマイスター

オリーブオイルの専門家でありつつ食材全般大好きな自営業・一児の母。身近な素材や調味料を使ってシンプルに、添加物少なめ頑張り過ぎない〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。毎…もっとみる

コストコ「クロワッサン」の特徴

Photo by オリーブオイルソムリエ / Mari

899円(税込) 商品名:クロワッサン12個入り 内容量:12個
コストコには有名なディナーロールやベーグルなど、パンの種類が豊富です。どれも人気ですが、今回おすすめしたいのがクロワッサン!12個入りで899円(税込)のコスパはもちろん、フランス産小麦粉を100%、発酵バター使用と風味や食感の良さも魅力なんです♪ コスパの良さや大きさ、風味やおいしく味わう保存方法など、詳しくご紹介します。

価格について

Photo by オリーブオイルソムリエ / Mari

コストコのパンと言えば、期待を裏切らないコスパの良さが魅力!こちらのクロワッサンも同様で、1個あたり75円以下なんです。パン専門店へ行くと3倍以上、一般のスーパーでも小さいものが3〜5個で数百円。毎日味わうには、リッチなイメージのあるクロワッサンも、“コストコ価格ならあり”と思えちゃいますよ♪

量やサイズについて

Photo by オリーブオイルソムリエ / Mari

リニューアル前は、弧をかいていたルックスは、今はひし形になっています。こちらの商品は1個、17〜18cmのアメリカンサイズ!スープとサラダがあれば立派な食事になる大きさです。

Photo by オリーブオイルソムリエ / Mari

一般的なクロワッサンは40g前後のものが多い中で、こちらは66g前後と1.5倍。コーヒーを片手にスクランブルエッグやハムと合わせて休日のブランチ……海外ドラマのワンシーンが、自宅で再現できるボリューム感です。

気になるコストコ「クロワッサン」のカロリーは?

商品ラベルには、カロリー表記がないですが、一般的なクロワッサンは10gあたり45kcal前後と言われています66gだったコストコのクロワッサンで計算すると、1個あたり297kcal。平均でも270kcalは超えそうです。

クロワッサンそのもののカロリーは高めですが、サラダや野菜スープ、サンドウィッチにアレンジすることが多い筆者家族。全体的な食事のカロリーとしては、OKラインということにしています♪

風味や食感について

Photo by オリーブオイルソムリエ / Mari

リニューアル前から変わることなく使われている「発酵バター」。通常のバターに比べ、深いコクと豊かな風味を感じられます。さっくり感は以前よりアップしたような気がします。おいしさが追求されているのがコストコの商品の魅力ですよね。

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

表面はさっくりしているのに口溶けの良さを感じるほど中はしっとり。一般的なものはカットすると崩れるイメージがありますが、切ってもくずれないのも、このクロワッサンの魅力のひとつです。断面のきれいな層を見れば、ていねいな手仕事が感じられ「安かろう悪かろう」の言葉とは無縁であることが伝わってきます。

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

一般的な袋売りクロワッサンには、着色料や香料・保存料などが使われていることが多いなかで、コストコのクロワッサンは着色料・香料不使用です。以前は、クロワッサンは手作り派だった筆者。このクロワッサンに出会って、家族一同「作る必要ないよね。」と意見が一致……手作りをやめました(笑)

コストコのクロワッサンの保存方法は?

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

バターを使用しているパン全般、食べない分は即冷凍した方が、風味が落ちずに味わえます。ラップなどにひとつずつ包んでからジッパー付き袋に入れ、崩れない程度に空気を抜いて冷凍します。冷凍スペースが足りないときは、翌日分までは、保存用袋に入れて冷蔵庫で保存します。

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

お弁当使いなど、きれいな形で保存したいときは冷凍庫のスペースを確保して、購入時のパックに入れた状態で1〜2時間ほど冷凍してから保存袋にうつすのがおすすめです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS