柑橘フルーツ:オレンジの種類と特徴

さわやかな香りと甘さが特徴のオレンジ類には、バレンシアオレンジ、ネーブルオレンジなどが属しています。ジュースの材料としても知られていますが、オレンジじたいは国内での生産量は少なめ。多くはアメリカから輸入されています。

バレンシアオレンジ

※イメージ
スペインの都市バレンシアの名がついていますが、アメリカ・カルフォルニアで誕生しました。甘味と酸味のバランスがよく、皮は厚め。豊かな香りを持っています。そのまま食べるほか、ジュースの材料として用いられることも多く、オレンジピールやマーマレードにしてもおいしくいただけます。

ネーブルオレンジ

「ネーブル」は英語で “へそ” という意味で、名前の通り、外見の特徴は果頂部のへそ。濃厚な甘味と酸味のバランスがよくジューシー、香りも豊かです。多くは輸入されていますが、広島県や和歌山県、静岡県など、国内でも栽培が盛ん。国内産のネーブルオレンジは、2~3月に旬を迎えます。

ブラッドオレンジ

見た目はふつうのオレンジですが、切るとびっくり!真っ赤な果肉が印象的な品種です。甘味と酸味が強く、さわやかな味わい。果汁たっぷりでとろとろの食感を楽しめます。サングイネッロ種、タロッコ種、モロ種などがあり、ほとんどが輸入ものですが、国内ではタロッコ種とモロ種が作られています。

柑橘フルーツ:タンゴールの種類と特徴

タンゴール類は、オレンジの香りと甘味が特徴。みかんとオレンジを交配させた種類です。国内で栽培されているものが多く、清見(きよみ)やせとか、はるみ、タンカンもその仲間。果梗部がぽこんとでっぱっているデコポンもタンゴールです。

清見

清見は、アメリカ産オレンジと温州みかんを親に持つ、初の日本産タンゴール種です。香りはオレンジなのに味は温州みかん!皮は厚めなので、ナイフでカットしていただきましょう。旬は2月から4月いっぱいですが、もっともおいしい時期は3月。愛媛や和歌山のほか、佐賀や広島でも栽培されています。
Photos:12枚
積まれている5つの温州みかん
段ボールに入っている紀州みかん
テーブルの上の3つのポンカン
台に置かれた4つのカーブチー
白い器に盛られている、外皮をむいたネーブルオレンジ
皿に盛られた、櫛形切りのブラッドオレンジ
青い皿に盛られている、カットされた清見
ザルに盛られているはるみ
テーブルに置かれた津之輝
白い器に盛られている、カットグレープフルーツ
器に盛られた、スウィーティの実
白い台に置かれたメロゴールド
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS