ローディング中

Loading...

トマトのような真っ赤な色合が特徴のブラッドオレンジ。オレンジというだけあって、ビタミンCが多いのはなんとなく想像できますが、実はブラッドオレンジはそれだけではなかったのです。そこで、ブラッドオレンジの知られざる栄養素と効果をご紹介します。

栄養たっぷり!ブラッドオレンジ

ブラッドオレンジとは、イタリアのシシリー地方を原産とするオレンジの一種です。そもそもブラッドオレンジに限らず、オレンジ類は一般的にインドのアッサム地方が原産といわれており、その後15~16世紀に中国を経て世界中に伝わってきたのだそう。

ブラッドオレンジに関しては、イタリアに限らずアメリカ合衆国などでも栽培されています。日本国内ではあまり生産されていませんが、愛媛県で少し栽培している農家があるようです。

名前の由来は、もちろんその果肉の色にあります。一般的なオレンジと比べるとはるかに色が濃く、血のような色味をしていることから、そう名付けられました。

そんなブラッドオレンジですが、いったいどのような特徴があるのでしょうか。また、ほかのオレンジとどう違うのでしょうか。

ブラッドオレンジの特徴って?

日本では高級品とされ、生食用のものはあまり出回っていないブラッドオレンジ。ジュースでしか味を知らないという人も多いのではないでしょうか。

ブラッドオレンジは、コクがあり、爽やかな酸味が特徴です。ひと口食べると、ほかのオレンジよりは甘みが強く感じるかもしれません。それでいて、グレープフルーツのようなさわやかさも持ち合わせているフルーツです。

なかな生食用のものを見かけることが少ないですが、見かけた際はぜひブラッドオレンジそのものの風味を存分に味わってみたいものですね。

収穫期や産地は?

ブラッドオレンジの旬は春といわれており、ピークは3月中旬~4月上旬。2月下旬に収穫され、順次市場に出回ってきます。

産地は主にイタリアとされ、ひと言にブラッドオレンジといっても「モロ種」「タロッコ種」「サングイネッロ種」の3種存在しています。なかでもシチリア島東部のカターニア地方原産とするモロ種は最も赤みが強く、皮の部分にまで赤みがにじみ出ています。

これに対し、タロッコ種はイタリアで最もポピュラーなブラッドオレンジとされ、見た目は普通のオレンジとさほど変わりません。最も甘みが強く食べやすいことから、最近では日本国内でも少し栽培されるようになり、和歌山県や愛媛県ではこの品種をつくる農家が増えているようです。

そして、最後の「サングイネッロ種」ですが、こちらはスペイン原産で流通量が少ないようですがみためとしては一番初めにあげた「モロ種」と近いようです。ブラッドオレンジと言っても、いろいろと種類があるのですね。

ほかのオレンジとの違い

ブラッドオレンジと普通のオレンジの見ためが違うことはわかりましたが、それ以外にはどこが違うのでしょうか。

答えはアントシアニンという栄養成分の量にあります。アントシアニンのもつ効果効能については後ほど詳しくご紹介しますが、ブラッドレンジはこのアントシアニンの量がオレンジ類のなかでもズバ抜けて高いのだそうです。そのほかにも、さまざまな栄養素が含まれており、すっぱいフルーツが苦手という人も、食べないともったいないほど。

しかし、日本ではまだまだ流通量が限られているブラッドオレンジ。手に入った際は、どのようにして食べるのが良いのでしょうか。

ブラッドオレンジのおいしい食べ方

ブラッドオレンジは生食はもちろん、さまざまな食べ方があります。生食の場合は、ナイフで八つ切り(スマイルカット)にすると食べやすいですが、横半分に切り、スプーンで豪快に食べるのもおすすめです。また、少々もったいないような気もしますが、思い切ってジュースにしてしまうのもよいですね。

そのほかにもゼリーやムース、タルト、サラダなど意外とバリエーションが豊富なブラッドオレンジ。特にサラダの使用する場合は、緑野菜にパプリカ、ミックスビーンズなどと合わせ、柑橘系のドレッシングとともにいただくと見た目も華やかになり、食欲をそそりますね。

ブラッドオレンジの効果・効能

アンチエイジング効果

ブラッドオレンジには、美肌作りに欠かせないビタミンCはもちろんのこと、抗酸化作用のあるフラボノイドやアントシアニンが豊富に含まれています。このアントシアニンはブルーベリーやなすなどの紫色の植物に多く含まれているのだとか。それゆえに、ブラッドオレンジはほかのオレンジと比べると濃い色をしているんですね。

抗酸化作用の高い栄養素をとることで、美肌に欠かせないコラーゲンの生成を助けたり、髪や爪の健康を維持するほか、紫外線でダメージを受けた肌の修復を早めてくれる効果もあるのだとか。女性には特にうれしい要素ですよね。

肥満防止

ブラッドオレンジは肥満防止に効果があるとされています。通常、私たちは食事を摂ると血糖値が急激に上昇しますが、その血糖値の上昇を抑えることで満腹中枢が働き、食べ過ぎ防止にもつながるのだとか。

ただし、ブラッドオレンジには果糖が含まれていることや、ジュースの場合は砂糖が添加されている場合がありますので摂り過ぎには注意してください。

血行促進

ブラッドオレンジに含まれるアントシアニンには、アンチエイジングのほか、血行を促進する作用もあります。血行が促進されることで、体内の血液の循環がよくなり、冷え性が改善されるほか、ダイエット効果や免疫力の向上などの効果が期待できます。

脳の活性化

アンチエイジングや血行促進効果があるアントシアニンですが、実は脳を活性化する作用もあるのだそう。脳が活性化されることで集中力が高まり、勉強やスポーツでよい結果がだせるようになるだけでなく、脳の老化防止にも役立ちます。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

フルーツ スイーツ

旬のフルーツをコンセプトにしたあま~い「北海道産らいでんメロン」♩昨年からの大好評のひと品で糖度が高く、赤肉のジューシーな甘みと芳醇な香りに定評があります!ご褒美感を演出した見た目もエレガントなスイーツです♩

和菓子 フルーツ

フルーツ大福と言えば「いちご大福」を思い浮かべる方が多いと思いますが、大阪にある一心堂では、いちごのほかにもフルーツをふんだんに使った大福がたくさん販売されています。今回はそんな中から夏にぴったりな「スイカ大…

フランスショコラブランド「CHAPON(シャポン)」から、「シャポンの食べてキレイになるバーアイスセット(3本入り)」が発売!美容効果が高いとされるエディブルフラワー(食べられる花)やフルーツが入った、女性に…

サングリア フルーツ

「サングリア」とはどんな飲み物か、詳しく知っていますか?お酒が苦手な方でも飲みやすいと、人気のカクテルなんです。赤・白ワインを使って、自宅でも作れるんですよ。今回はサングリアの度数や作り方、おすすめの飲み方な…

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る