栄養たっぷりな果実。「ブラッドオレンジ」のアレコレを調べてみた

鮮やかな赤さが特徴の「ブラッドオレンジ」。今回は、その特徴や味わい、旬、産地、栄養と効果効能、おすすめの食べ方までご紹介したいと思います!ブラッドオレンジの魅力を知って、機会があったら味わってみてください。

どんな味? ブラッドオレンジの特徴

ブラッドオレンジとは、イタリアのシシリー地方を原産とするオレンジの一種です。イタリアに限らず、アメリカ合衆国などでも栽培されています。日本国内ではあまり生産されていませんが、和歌山県や愛媛県で少し栽培している農家があるようです。

名前の由来は、もちろんその果肉の色にあります。一般的なオレンジと比べるとはるかに色が濃く、血のような色味をしていることから、そう名付けられました。

味わい

ブラッドオレンジはコクがあり、爽やかな酸味が特徴です。ひと口食べると、ほかのオレンジよりも甘みが強く感じるはず。なかなか生食用のものを見かけることが少ないですが、見かけた際はぜひブラッドオレンジそのものの風味を存分に味わってみたいものですね。

ブラッドオレンジの旬と産地

ブラッドオレンジの旬は春といわれており、ピークは3月中旬~4月上旬。2月下旬に収穫され、順次市場に出回ってきます。

産地

産地は主にイタリアとされ、ひと言にブラッドオレンジといっても「モロ種」「タロッコ種」「サングイネッロ種」の3種があり、それぞれ産地が異なります。

モロ種

シチリア島東部のカターニア地方原産とするモロ種は、もっとも赤みが強く、皮の部分にまで赤みがにじみ出ています。

タロッコ種

タロッコ種は、イタリアでもっともポピュラーなブラッドオレンジとされ、見た目は普通のオレンジとさほど変わりません。甘みが強く食べやすいことから、最近では日本国内でも栽培されるようになり、和歌山県や愛媛県ではこの品種を作る農家が増えているようです。

サングイネッロ種

そして、最後のサングイネッロ種ですが、こちらはスペイン原産で流通量が少ないことが特徴。見た目はモロ種と近く、赤さが際立ちます。

ブラッドオレンジと言っても、いろいろと種類があるのですね。

含まれる栄養素と効果効能

アントシアニン:視覚機能の維持

わたしたちは、目の網膜に存在している「ロドプシン」という成分が光を受けて脳に信号を送ることにより、ものが見えます。このロドプシンは常に分解と合成を繰り返しているのですが、目を酷使したり歳を重ねたりすると、再合成が遅れ、視界がぼやけたりかすむ原因となってしまいます。

ブラッドオレンジに含まれる色素成分「アントシアニン」は、ロドプシンの合成をサポートする働きがあり、分解されてもスムーズに再合成がおこなわれるので、視覚の健康維持に役立つんですよ。(※1)

ビタミンC:美肌効果

お肌の大敵であるシワやたるみの原因のひとつに、コラーゲンの生成不足があります。コラーゲンはお肌の土台となり内側から支える役割があるのですが、このコラーゲンを生成するにはビタミンCが欠かせません。(※2)

ビタミンCを積極的に摂取すれば、コラーゲンが効率よく生成されてお肌のハリを保てますよ。

葉酸:貧血対策

特集

SPECIAL CONTENTS