ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

どんな味? ブラッドオレンジの特徴

ブラッドオレンジとは、イタリアのシシリー地方を原産とするオレンジの一種です。イタリアに限らず、アメリカ合衆国などでも栽培されています。日本国内ではあまり生産されていませんが、和歌山県や愛媛県で少し栽培している農家があるようです。 名前の由来は、もちろんその果肉の色にあります。一般的なオレンジと比べるとはるかに色が濃く、血のような色味をしていることから、そう名付けられました。

味わい

ブラッドオレンジはコクがあり、爽やかな酸味が特徴です。ひと口食べると、ほかのオレンジよりも甘みが強く感じるはず。なかなか生食用のものを見かけることが少ないですが、見かけた際はぜひブラッドオレンジそのものの風味を存分に味わってみたいものですね。

ブラッドオレンジの旬と産地

ブラッドオレンジの旬は春といわれており、ピークは3月中旬~4月上旬。2月下旬に収穫され、順次市場に出回ってきます。

産地

産地は主にイタリアとされ、ひと言にブラッドオレンジといっても「モロ種」「タロッコ種」「サングイネッロ種」の3種があり、それぞれ産地が異なります。

モロ種

シチリア島東部のカターニア地方原産とするモロ種は、もっとも赤みが強く、皮の部分にまで赤みがにじみ出ています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS