ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

柑橘系フルーツはなんと160種類以上!

柑橘とはミカン科ミカン属の総称。温州みかんやオレンジ、グレープフルーツなどが含まれますが、さらに細かく分類されるため、総数は160種前後に及びます。この記事では、ミカン属の種類別におすすめの品種をご紹介♪ 温州みかんは季節によってなぜ呼び名が変わるのか、ということもわかりますよ!

柑橘フルーツ:みかんの種類と特徴

ミカン類に含まれるのは、温州みかんや紀州みかん、カラマンダリンなど。食卓にのぼることも多い、おなじみの種類です。また、薄皮みかんと呼ばれるタチバナやポンカンもミカン類の仲間になります。

温州みかん

愛媛みかん、三ケ日(みっかび)みかん、有田みかんなど産地名がついたものや、ハウスみかんの総称が温州みかんです。栽培方法や出荷時期によって呼び名が変わり、9~10月ごろ出荷のものは極早生(ごくわせ)、10~12月ごろは早生(わせ)、11~12月ごろは中生(なかて)、1月以降のものは晩生(おくて)と呼ばれます。

紀州みかん

紀州みかんも地域名がついていますが、温州みかんとは別の種類です。直径が5cmほどと小さく、酸味は強め。各房には種を持っています。約700年前に中国から伝来し、熊本で栽培されていたみかんが1574年ごろ紀州・有田に伝わり、栽培が盛んになりました。桜島で栽培されている桜島みかんは同種類です。

ポンカン

ポンカンは主に愛媛県、鹿児島県など温暖な地域で作られています。強い甘味と香りを持ち、枝とつながる果梗部(かこうぶ)が出っ張り、お尻の部分である果頂部(かちょうぶ)がへこんでいることも特徴。じょうのう(房を包んでいる皮)は薄くやわらかいので、そのまま食べられますよ。外皮も簡単にむくことができます。

カーブチー

カーブチーは独特の風貌をした沖縄固有種のひとつです。ごつごつした分厚い緑色の皮を持っており、温州みかんよりひと回り小さめ。食べられる部分は少なめですが、すっきりした甘さと素朴な味わいを楽しめます。「カーブチー」は沖縄の方言で「皮が厚い」の意味。名が体を表しているみかんです。
Photos:12枚
積まれている5つの温州みかん
段ボールに入っている紀州みかん
テーブルの上の3つのポンカン
台に置かれた4つのカーブチー
白い器に盛られている、外皮をむいたネーブルオレンジ
皿に盛られた、櫛形切りのブラッドオレンジ
青い皿に盛られている、カットされた清見
ザルに盛られているはるみ
テーブルに置かれた津之輝
白い器に盛られている、カットグレープフルーツ
器に盛られた、スウィーティの実
白い台に置かれたメロゴールド
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS