おいしく風邪予防!レモンを皮ごと食べる3つの鍋レシピ

レモンに含まれるビタミンCが風邪予防に効果的、というのはよく耳にしますが、なんと老化を防ぐ働きも期待できるのだそう。とはいえ、レモンをそのまま食べるのはなかなか大変です。そこでレモンを皮ごと無理なくたくさん食べられる、とっておきのレモン鍋レシピを3つご紹介します。

2020年2月13日 更新

材料(2人分)

<具材>
鮭……2切れ
子大豆もやし……1袋
キャベツ……1/8個(150g)
玉ねぎ……1/2個(100g)
マイタケ……1/2袋(50g)
春菊……1/4袋(50g)
にんじん……1/5本(30g)
コーン……50g
レモン……1個

<スープ>
(A)水……400cc
(A)塩……小さじ1/4
(A)白だし……大さじ1
(A)レモン果汁(ポッカレモン100)……大さじ2
牛乳……400cc
バター……10~20g
粉チーズ……大さじ2

作り方

1. 鮭を4等分に切ります。キャベツ・春菊をざく切りに、玉ねぎは1cm幅に切ります。マイタケは手でほぐします。にんじんを輪切りにし、花型に抜きます。レモンを2~3mm厚の輪切りにします。

2. 鍋に<スープ>の(A)と<具材>を入れ、蓋をして加熱します。

3. 全体が温まったら、牛乳とバターを加えて沸騰直前まで加熱し、粉チーズをパラパラとかけて火を止めます。

少ない塩分でも美味しい「レモン湯豆腐」のレシピ

さっぱりした味わいで作り方も簡単な湯豆腐は、人気の鍋調理の一つ。そのいつもの湯豆腐にレモンを入れるだけで、減塩レシピに。レモンの酸味が塩味を引き立たせ、少ない塩分でも美味しく食べられます。

材料(2人分)

<レモンポン酢>
レモン果汁(ポッカレモン100)……大さじ3
醤油……大さじ3
みりん……大さじ1
昆布……3g

<具材>
絹ごし豆腐……1丁
子大豆もやし……1袋
ねぎ……1本(100g)
しいたけ……2枚(40g)
レモン……1個

<スープ>
だし汁……800cc
薄口醤油……小さじ2
レモン果汁(ポッカレモン100)……大さじ2

作り方

1. <レモンポン酢>を作ります。小瓶に材料すべてを入れます。一日以上置くと、より美味しくなります。

2. 絹ごし豆腐を食べやすい大きさに切ります。ねぎをななめ切りにし、しいたけに飾り包丁を入れます。レモンを2~3mm厚の輪切りにします。

3. 鍋に<スープ>の材料を入れて中火にかけます。

4. (2)の具材と子大豆もやしを入れ温まったら、お好みでレモンポン酢をかけて食べます。
冬ももうすぐ終わりとはいえ、まだまだ風邪やインフルエンザの流行などが気になる時期。レモンを美味しくたくさん食べて、ウイルスに負けない体づくりをしてくださいね。ついでにアンチエイジングも期待できるのですから、一石二鳥ですよ。
writer / NIKO
取材協力
※ 当記事のテキスト・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
<監修>
・渡辺 尚彦先生
聖光ヶ丘病院 顧問 減塩外来 担当医。日本歯科大学病院 内科 臨床教授。早稲田大学スポーツ科学学術院客員教授。愛知医科大学病院 睡眠科 客員教授。東京女子医科大学医学部 元教授(東医療センター内科)高血圧などの循環器病が専門。

・山岸 昌一先生
金沢大学医学部卒業。医学博士。内科医。金沢大学医学部講師、ニューヨーク、アル
バート・アインシュタイン医科大学研究員、久留米大学医学部糖尿病性血管 合併症病
態・治療学講座教授などを経て、現在、昭和大学医学部 糖尿病代謝内分泌内科 主任
教授 及び 昭和大学付属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 診療科長。

<レシピ監修>
柴田 真希さん
管理栄養士・(株)エミッシュ代表取締役
提供元:
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS