1. 全体に塩を振って15分置く

Photo by muccinpurin

ぶりをバットに広げて両面にまんべんなく塩をふり、そのまま15分ほど置いておきます。

2. 熱湯をかけてぬめりを落とす

Photo by muccinpurin

塩を振ったぶりをボウルに移し、熱湯を回しかけます。 全体をひと混ぜし、表面が白っぽくなったらすぐに熱湯を捨てて水を流し入れます。(霜降りの状態)

Photo by muccinpurin

流水に当てながら、残った血合いや表面のぬめり、ウロコを洗い流します。(シンクのなかで作業するとスムーズです。)身が傷つきやすいので、丁寧に作業してください。 これで、ぶりの下ごしらえは完了です。

ぶり大根の材料(4人分)

Photo by muccinpurin

・ぶりのアラ……下処理済みのもの
・大根……下処理済みのもの
・酒……100cc
・水……300cc
・砂糖……大さじ2杯
・みりん……大さじ2杯
・醤油……大さじ2~2.5杯
・しょうが、ゆずの皮(飾り用)……適量

作り方

1. 大根とぶりを炊く

Photo by muccinpurin

鍋に大根を敷き詰め、ぶりを崩さないように大根の上にのせます。酒を入れ、分量の水をひたひたになるまで注ぎます。水の量は鍋の大きさによって変わるので調整してください。 強火にかけ、アクが出てきたら取り除きながら10分ほど煮込みます。 ※鍋が深すぎると取り出すときに崩れやすいので、雪平鍋のような浅いものか、深めのフライパンがおすすめです。

Photo by muccinpurin

あらかたアクが取れたら、落し蓋をしてそのまま煮込みます。 木やステンレスのものがなければ、クッキングシートを丸く切ったもので代用してください。

2. 味付けをする

Photo by muccinpurin

まず砂糖とみりんを加え、鍋を回して全体に調味料を行き渡らせます。再び落し蓋をして中火で5分煮込みます。

Photo by muccinpurin

続いて醤油を加え、落し蓋をしてさらに5~10分煮詰めていきます。

煮汁が好みの濃さになったらできあがりです。

お好みのトッピングで召し上がれ♪

Photo by muccinpurin

皿に盛り付け、お好みで針しょうがや千切りにしたゆずの皮をあしらって完成です。 できたてはもちろん、一度鍋ごと冷ますと味がよりしみ込んでおいしくなりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS