5. うだま入り鶏もつ煮

鶏ハツだけでなく、レバーや砂肝などもたっぷり入れた鶏もつ煮のレシピです。昆布出汁を効かせたお醤油ベースつゆで煮込み、ガツンとおそってくる塩味と旨味がやみつきに。煮込むときに煎り大豆を入れると鶏もつの臭みを抑えてくれてボリュームもアップするのでおためしあれ。

6. 鶏ハツとこんにゃくの味噌煮

下処理や煮込む時間がかかるため作るのが面倒なもつ煮も、鶏ハツを使えば電子レンジ調理であっという間に完成♪ 下処理をしたら味噌ダレと和えて電子レンジに入れるだけ。1度冷ましてから温めなおし、味を染み込ませるとお店顔負けの絶品味噌煮を楽しめます。

7. 鶏ハツのスパイシーから揚げ

最後は大人も子どもも大好きなから揚げです。軟骨や砂肝のから揚げを食べているかのようなコリコリとした食感が食べていて楽しいひと品。鶏ハツは臭みがあるためカレー粉を使ってスパイシーに味付けして、誰でも食べやすい味に仕上げています。おつまみにも、おかずにもおすすめです。

鶏ハツ料理もお家で簡単に楽しめる♪

焼鳥屋さんの定番部位、鶏ハツは外食で楽しむものというイメージが強くありますよね。心臓部分のため希少であり、また、下処理などの手間を考えても、ちょっと手がでにくいのも正直なところ。 けれども鶏ハツは鶏肉とは思えないコリコリとした弾力と濃厚な味わいが楽しめ、ファンが多くいる部位です。スーパーでも手に入れることができるので、自分でおいしく調理ができたらいいですよね♪ 下処理をしっかりして、鶏ハツのおいしい食べ方さえ知ってしまえばもう大丈夫!これからは鶏ハツを見つけたら、怖がることなく手に取ってみてください。

特集

FEATURE CONTENTS