ベテラン主婦が教える!「スープジャー弁当」の5日間献立

冬になると「スープジャー」が大活躍!SNSでもお弁当レシピとしてたくさん登場します。ジャーに入れた温かいスープに、ご飯やおかずをセットにすれば大満足のランチに。お弁当作りのベテラン主婦が、実例でご紹介します♪

2019年12月1日 更新

ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

寒くなったら「スープジャー弁当」の出番です

Photo by akiyon

毎日寒い日が続くと、お弁当も温かいものを食べたくなるもの。そんなときに最適なのが「スープジャー」を使ったお弁当です。お昼になっても温かいままのスープでほっとひと息、また午後からがんばれそうですよね。 今回ご紹介するのは、「温かいスープ+○○」の献立例。お味噌汁やシチューなどのスープと、それに合うおかずやごはんなどの組み合わせを、5日間分ご紹介したいと思います。毎日お弁当作りにはげむ主婦の実例集。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

温かさ長持ち!スープを入れる前のひと手間

Photo by akiyon

ジャーの中のスープの温かさをできるだけキープするため、以下の2点をおさえておきましょう。このひと手間があると、かなり保温力がアップしますよ♪ ・ジャーに熱湯を注いでフタをしっかり閉め、しばらく置いてジャーの内部を温めます。 ・スープを入れる直前にお湯を捨て、スープを注いだらすぐにしっかりとフタを閉めましょう。

スープに何を合わせる? おいしい組み合わせ5デイズ

それではいよいよ、5日間分のメニューをご紹介していきましょう。ジャーに入れるスープは、凝らずにいつもの料理で。また合わせる料理は、スープとの味や素材のバランスを考えるとよいと思います♪

1. 冬といえば…「おでん+炊き込みおにぎり+サラダ」

Photo by akiyon

前日に作ったおでんを、しっかり温めなおして汁ごとスープジャーにイン。だし汁がよく染みた卵や練り物、こんにゃくなどは、温かい状態で食べるとよりおいしく感じます。 合わせるのは、牛肉とにんじん、ゴボウで作った炊き込みご飯おにぎり。おでんのスープがあっさりとしているので、おにぎりは甘辛味のしっかりとした味わいのものにしてみました。 さらにフレッシュなキャベツとラディッシュのサラダを添えて、シャキシャキ食感もプラス。味と食感のバランスのよい組み合わせの完成です。

2. うま辛「チゲスープ+キンパ+チョレギサラダ」

Photo by akiyon

唐辛子やスパイスが入った辛いスープを飲むと、よりいっそう体が温まりますよね。そこで豚肉や豆腐、もやしなどの具材に白菜キムチを加えて作った「チゲスープ」を、ジャー弁当の主役にしてみました。 合わせるのは、韓国で人気の巻きずし「キンパ」と「チョレギ風サラダ」です。すべて韓国風のメニューで統一してあるので、自然と味バランスのよい組み合わせのできあがり! スープも巻きずしも具だくさんで、食材が豊富なお弁当を作れます。温まりつつ栄養補給もできて、一石二鳥です♪

3. 匂いもれなし!「キーマカレー+ターメリックライス+サラダ」

Photo by akiyon

「温かいカレーをランチに食べたい!」という願いをかなえてくれるのが、ジャー弁当。カレーの温かさをキープしつつ、匂いもれしないのもうれしいですよね。 お弁当用の小さめのスプーンでもすくいやすいよう、具が細かいキーマカレーがおすすめ。またライスは、ターメリックなどの香辛料で色づけをすると風味もアップしますよ。 カレーの味わいが濃いので、少し酸味のあるトマトなどでサラダを作って添えました。前の日にカレーを作っておくと、時短になるところもおすすめポイントです♪

特集

FEATURE CONTENTS