エスプレッソの作り方は大きく分けて2種類

エスプレッソマシンで作る方法

カフェやレストランを始め、最近ではコーヒー好きの家庭でも一般的になってきた「エスプレッソマシン」。機械の操作方法も簡単で扱いやすいのが特徴です。 まずはコーヒー豆をグラインダーで挽いて、フィルターに詰めます。フィルター内の挽いたコーヒー豆を水平に均したら、エスプレッソマシーンにセットし抽出のボタンを押せば完成です。

直火で作る方法

家庭でエスプレッソコーヒーを楽しむのにより手軽なのが、直火で作る方法です。イタリア語で「マキネッタ」や「モカエキスプレス」と呼ばれるポット型のアイテムを使用します。 本体は、水を淹れるタンク、コーヒーの粉を入れるバスケット、そしてサーバーの3つからなっています。水、粉を本体にセットして組み立てたら、あとは火にかけるだけ。ポットからコポコポと音が鳴り、コーヒーの香ばしい香りがしたら、おいしいエスプレッソのできあがりです♪

エスプレッソの正しい飲み方

日本では、エスプレッソを何も入れずに飲むという人が多いですよね。それもおいしい飲み方ではありますが、本場・イタリアではスプーン数杯分の砂糖をカップに入れ、それを混ぜずに飲むそうです。 混ぜない理由は、混ぜることでコーヒーの中の香りが飛んでしまうから。ではたくさん入れたお砂糖はどうなるのかというと、なんとスプーンですくい、デザートのようにして食べるんだそうですよ。

おいしいエスプレッソを飲みたい方は

おいしいエスプレッソの条件に、「クレマ」「ボディー」、そして「ハート」と呼ばれる3層ができることが挙げられます。 「クレマ」は、エスプレッソの味わいを表している層とされ、中間にできる「ボディ」は、コーヒーのコクや深みを味わうのに欠かせない部分と言われています。そして、1番下の層「ハート」は、エスプレッソの香りや飲んだ後の余韻が詰まった重要な部分とされています。 この3層が現れるのは淹れたてのたった一瞬なので、出会うことができたらラッキーですね♪

エスプレッソはアレンジが豊富

カフェラテ

エスプレッソとよりもミルクを多めにして作る「カフェラテ」。カフェで何を飲もうか迷ったら、とりあえずと頼む人も多いのではないでしょうか。カフェやバーでは、グラスに注がれて出てくることもあります。

特集

FEATURE CONTENTS