ライター : ako0811

兵庫県西宮市在住の手作り大好き主婦です。特に野菜やお魚、フルーツなど健康的なレシピが好きです。また、外国文化にも興味があり、エスニックなもの、お酒にあうピリ辛なもの、世界を…もっとみる

ふわっとジューシー♪ 鶏つくねの作り方

本記事ではシンプルに塩や卵黄でいただくプレーンな鶏つくねをご紹介します。タレに絡めないので、肉ダネには割としっかり目に味付けをするのがポイント。白ネギを加えて風味良く、ほのかに感じるシャキシャキとした歯ごたえもおいしさの秘密です。しっかりこねて、やわらかジューシーな鶏つくねを作ってみましょう。

材料(4人分)

・鶏ももひき肉……300g ・玉ねぎ……1/4個 ・白ネギ……10cm ・パン粉……大さじ3杯 ・牛乳……大さじ2杯 ・卵……1個 ・砂糖……大さじ1と1/2杯 ・鶏ガラベース素……小さじ1杯 ・塩……小さじ1/3杯 ・しょうゆ……小さじ1杯 ・おろし生姜……小さじ1/2杯

コツ・ポイント

肉ダネの味を濃いめにつけると、焼いた際に焦げやすくなります。牛乳に浸したパン粉を少し加え、最後に蒸し焼きにすることで焦げることなく、ふっくらやわらかく仕上りますよ。

作り方

1. 食材の下準備をする

パン粉に牛乳をあわせてふやかしておきましょう。
玉ねぎはみじん切りにします。耐熱皿に入れてふわっとラップをして、500Wのレンジで3分加熱します。そのまま放置して粗熱を取りましょう。
白ネギは白い部分を使いみじん切りにします。

2. 肉ダネを作る

ボウルに鶏ももひき肉と塩を入れてよく混ぜ合わせます。白い脂身部分が赤身と混ざり合うくらいまでしっかりと、粘りがでるまでこねます。ここでしっかりこねることで肉の旨みがギュッと閉じ込められます。 塩でこねた後は、まず調味料(砂糖、鶏ガラベース素、しょうゆ、おろし生姜)を合わせます。
肉ダネに調味料で味付けをしたら、牛乳にひたしたパン粉、溶き卵、長ネギと玉ねぎを加えて混ぜ合わせます。(肉ダネの完成)

3. 鶏つくねを焼く

肉ダネをお好きな大きさに丸めます。ここでは、ひとつ大さじ1杯強くらいの分量で作っています。手にくっつき作業がしにくい場合は、手の甲に薄く油をぬると良いでしょう。
鶏つくねが両面こんがりきつね色になったら、大さじ1杯程度の水を鍋肌からそそぎ、すぐに蓋をしめて蒸し焼きにします。中までじんわりと火が通りふっくらと焼きあがります。 そのままでも十分においしいですが、お好みで塩や卵黄にくぐらせるとまた違った味わいが楽しめますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ