ライター : ponkotsu_0141

ぽんこつ主婦 / 料理教室主宰

「料理を作ること以外はぽんこつ」だけど、家庭円満♪「料理さえがんばればいい嫁に見られる説」を提唱しつつ、夫婦のじかんに寄り添うレシピをお届けします。

Photo by ponkotsu_0141

簡単なのに豪華風の見た目がうれしい!チキン南蛮。

Photo by ponkotsu_0141

夫の大好物、チキン南蛮。 作ると喜ばれるし、見た目も豪華風(笑)なのでよく作ります。 安いむね肉。 ジューシーなもも肉。 どちらもおいしいのですが、今日はどちらでもなく、料理初心者さんにもおすすめな「ささみ」でチキン南蛮です。 ささみは筋を取る手間だけありますが、 ・臭みの原因になる”余分な脂”を取り除く必要がない ・がぶっと食べやすいサイズ感なので切らなくてもよい ・火通りはやい というありがた食材! 料理初心者さんや、下ごしらえなんてやってられん! って忙しい方におすすめです。 本来ならまあまあ手間のかかる料理ですが、このレシピは、衣を順番につける、たっぷりの油で揚げる、卵を茹でる……などなどの手間を省き、バットや網も使わず洗い物を最小限に抑えております。 読みながら、これならできそー!!って思ってもらえたら、うれしい! では作り方、いってみよーー!!

材料

鶏ささみ 6本 塩こしょう 少々 【A】 卵 1個 片栗粉 大さじ2杯 小麦粉 大さじ2杯 【B】 砂糖 大さじ2杯 しょうゆ 大さじ2杯 酢 大さじ2杯 【タルタルソース】 卵 1個 玉ねぎ 1/4個 マヨネーズ 大さじ3杯 塩こしょう 少々

作り方

タルタルからつくります!

Photo by ponkotsu_0141

まずはゆで卵。 深めのマグカップにアルミホイルで包んだ卵を入れ、たっぷり(マグ8分目くらいまで)水を注いでレンジ600Wで10分加熱します。 ※冷蔵庫から出したての卵でOK! ※浮いて水からホイルが顔を出しますが、レンチンしてもバチバチしないのでご安心を!

Photo by ponkotsu_0141

卵の加熱中に玉ねぎをみじん切りし、二重にしたキッチンペーパーに乗せて塩を2つまみくらい乗せます。 玉ねぎをキッチンペーパーで包んでてるてる坊主のようにしたら、首元をギュッと握って逆さに持ち、反対の手で優しく玉ねぎを揉み(辛味ぬき)ます。 じんわり水分が出てきたら、シンクの蛇口で水をジャーっとかけて、手でギュッと水気を絞ります。 ※キッチンペーパーがもったいないという方は普通に水にさらしてもOKですが、先に塩もみをして水分を出しておくと時間が経ってもタルタルが水っぽくなりにくいです

Photo by ponkotsu_0141

出来上がったゆで卵は殻をむいてフォークで潰し、タルタルソースの材料をすべて合わせて完成!

ささみを揚げ焼きにします!

ささみは筋を取り、塩こしょうで下味をつけておきます。 ※買ってきたパックのまま、キッチンバサミでやると楽ちんです

Photo by ponkotsu_0141

次に、ボウルに【A】の材料を合わせて混ぜます。 ※菜箸でぐるぐるするだけでOK

Photo by ponkotsu_0141

ささみを入れます。 冷凍したささみの解凍をミスってちょっと火が通ってますね(笑) 気にしないよ〜! フライパンに油を入れて点火! 油はフライパンの底がやっと油で浸るくらいの量でOKです。

Photo by ponkotsu_0141

ささみを入れて中火で両面2〜3分くらいずつ揚げ焼きにしていきます。 ※衣が固まってくるまで触らないように

Photo by ponkotsu_0141

カリッとふわっとした衣でささみが揚がったら、フライパンの上の方に寄せ、少しだけ傾けてキッチンペーパーで油を吸いとります。

Photo by ponkotsu_0141

【B】の調味料をすべて入れます。 ※フライパンの端に入れ、先にしっかり煮立たせてからささみに絡ませると、衣がシナシナになりにくいです!

Photo by ponkotsu_0141

両面に絡ませて・・・・

「ささみの揚げないチキン南蛮」完成!

Photo by ponkotsu_0141

タルタルソースたっぷりでいただきます! ささみは切る手間いらずでガブッと食べやすく、胸肉よりもジューシー。 ごはんにもビールにもおすすめです。

おまけの副菜

Photo by ponkotsu_0141

特集

FEATURE CONTENTS