ライター : 奥田和美(たっきーママ)

フードアナリスト / 料理研究家

テレビ、雑誌、広告、企業のレシピ開発で活躍中。最新刊『「めんどくさい!」がなくなるレシピ』(扶桑社)他、 著書累計100万部突破。 「料理レシピ本大賞in Japan '2016」入賞…もっとみる

Photo by たっきーママ

下味冷凍で味しみ、柔らか!あっという間の時短ごはん

Photo by たっきーママ

時間がある時に生のままの食材に下味をつけて冷凍しておけば、使う時は焼くまたはレンチンするだけ! 疲れた時ややる気が出ない時、下味冷凍がきっと役立ちます。

「しみしみ照り焼きチキン」のレシピ

材料

・玉ねぎ(薄切り)・・・1個 ・ごま油、塩、こしょう・・・適量 ・サラダ油・・・大さじ1 A 鶏もも肉(一口大に切る)・・・1枚 A 酒・・・大さじ2 A 砂糖、醤油、みりん・・・各大さじ1 A 生姜、にんにく(共にチューブ)・・・各2cm

作り方

Photo by たっきーママ

1. 保存袋にAを入れてよく揉み、玉ねぎを入れて空気を抜いて口を閉じ、袋を平らにして冷凍する。
2. サラダ油を中火で熱したフライパンに解凍した1を入れ、ふつふつして来たら蓋をして弱火で4分蒸し焼きにする。
3. 蓋を取って中火に戻し、両面に焼き色をつけながら炒めて水気がなくなったら塩、こしょうを振ってごま油をひと回しして混ぜ合わせる。

解凍はぜひ冷蔵庫で!

解凍は冷蔵庫での自然解凍がおすすめ。 お弁当に使うなら前日の夜、夕飯に使うなら当日の朝、冷凍庫から冷蔵庫へ移動させるといいですよ。 常温での解凍は、解凍中にも雑菌が増えて行くので、急ぐ場合はレンジ解凍、またはしっかり口を閉じてることを確認して流水解凍でも。 下味冷凍をしている間に調味料がしっかりお肉に染み込むので、とっても柔らか! 火の通りにくい玉ねぎも、冷凍することで繊維が壊れて火が通りやすく、味も染み込みやすくなる、と嬉しいメリットがいっぱい! お弁当にもぴったりなので、ぜひ作ってみて下さい。
マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!

特集

FEATURE CONTENTS