麩の効能は?

ダイエットの強い味方!

麩は小麦からできた植物性の食品です。そのため、低カロリー、低脂質でありながら、しっかりとたんぱく質を補給できます。 満足感を得られることから、お肉の代替食品として料理に使ったり、お肉の量を減らして麩でかさ増ししたり、ヘルシーに仕上げることができます。

肌を綺麗にする!

わたしたちの肌はたんぱく質からできており、代謝を繰り返して日々生まれ変わっています。特にダイエット中で食事制限している方、日頃から食事量が少ない方は、たんぱく質不足になりがちです。 また、肌に潤いを与えるコラーゲンも実はたんぱく質の一種です。たんぱく質が不足してしまうと潤いも失ってしまうので、美容面でも大切ですね。肌の健康を維持するために、麩に含まれるたんぱく質を取り入れて、ハリやツヤのある肌を目指しましょう。

麩のおすすめの食べ方

生麩はそのままで、焼き麩は水や湯につけてやわらかく戻してから使います。麩そのものには特徴的な味わいはないので、しっかりと調味することがおいしく食べられるポイントです。味が染み込みやすいので、濃い味付けには気をつけましょう。 また、生麩と焼き麩では食感の違いがあるので、お好みで選ぶようにしましょう。

どんな料理にも使える!麩のおすすめレシピ5選

1. レンコンと鶏皮の揚げ焼き浸し

シャキシャキ食感のレンコンと、ふわふわの生麩を組み合わせた焼き浸しです。鶏皮も入り、お肉のうま味を生麩が吸って、奥深い味わいに。今夜の食卓に、ごはんが進むおかずとしていかがでしょうか?

2.車麩の巣ごもり

朝食にぴったりな車麩の巣籠もりです。だしを吸った車麩は、やさしい味わいに仕上がり、心も落ち着きます。 一般的にはキャベツを使われる巣籠もりを、麩でアレンジしてみましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS