ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

基本の豚肉の角煮レシピ

Photo by tumu

まずは圧力鍋を使った豚肉の角煮のレシピをチェックしましょう。圧力鍋を使えば、お口のなかでトロッととろけるような角煮が簡単に作れますよ。手間もさほどかからないので、豚バラ塊肉が安く手に入ったときは、ぜひ作ってみてください!

材料(3~4人分)

・豚バラ肉……500g ・大根……1/3本 ・生姜……1欠片 ・ネギの青い部分……1本分 煮汁の材料 ・酒……50ml ・みりん……50ml ・醤油……50ml ・砂糖……大さじ2杯 ・水……150ml

作り方

1. 豚バラ肉は食べやすい大きさにカットします。お肉は火を通すと縮むので、大きめにカットするとよいですよ。大根は皮をむき、幅3cmほどの半月切り、しょうがは薄切りにしましょう。 2. フライパンに油を少し引き、強火でお肉を焼いていきます。この段階ではお肉の中まで火を通す必要はなく、あくまで表面に焼き色を付けるイメージで焼きましょう。 3. お肉が焼けたら、圧力鍋に移しましょう。さらに、しょうがとネギの青い部分、水をかぶるくらい入れます。蓋をして「高圧」に設定し、火にかけましょう。ピンが上がって蒸気が出てきたら、弱火にして10分加熱します。 4. 10分加熱したら火を止め、自然に減圧するのを待ちます。減圧したら蓋を開け、しょうがとねぎを捨てます。さらに、ザルにお肉をあげましょう。 5. 圧力鍋の中身をキッチンペーパーで軽き、豚肉と大根、煮汁の材料をすべて入れます。蓋をして「高圧」に設定し、強火にかけましょう。ピンが上がって蒸気が出てきたら弱火にして、そのまま10分加熱します。 6. 10分たったら火を止め、自然に減圧するのを待ちます。そのあとに蓋を開け、煮汁を煮詰めていきましょう。好みの状態になったら完成です!

作るときのコツ

お肉を焼くときは、すこし油を引くのがおすすめです。その方がお肉から余計な油がよく出ますよ。また、最後に煮汁を煮詰める際に煮崩れが怖い場合は、お肉と大根を別の鍋に取り分けておくといいでしょう。

豚肉の角煮に合うさっぱり副菜5選

1. たっぷりきのこのすまし汁

Photo by macaroni

調理時間:15分
【材料(2人分)】
・しめじ……80g
・えのきだけ……70g
・しいたけ……2個
・だし汁……400cc(だしの素:小さじ2/3杯、水:400cc)
・薄口しょうゆ……小さじ2杯
・塩……小さじ1/4杯

出典: macaro-ni.jp

こちらは、きのこの旨味がたっぷりのすまし汁レシピ。薄口醤油と塩だけのシンプルな味付けですが、その分きのこの旨味がたっぷり楽しめます。火が通りやすい食材を使うので、非常にスピーディーに作れる点も素晴らしい!

2. たたききゅうりの梅みそみょうが和え

Photo by macaroni

調理時間:30分
【材料(2〜3人分)】
・きゅうり……2本
・塩……小さじ1/3杯
・みょうが……3本
・しょうが……10g
・白いりごま……大さじ1杯
a. 合わせみそ……小さじ2杯
a. 梅肉……2粒分
a. 砂糖……小さじ1杯
a. ごま油……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

たたいたきゅうりに、たっぷりのみょうがと梅肉をくわえて作る和え物です。さっぱりとした味わいで、こってり目の豚の角煮とのバランスもいいですよ。豚の角煮を煮込んでいる間にちゃちゃっと作れるのもうれしい!

特集

FEATURE CONTENTS