上手に作るコツとポイント

炒り卵は火が通りすぎてしまうとパサパサになってしまうので、多めの油でサッと炒め、半熟のうちにいったん火からおろしてください。小松菜の代わりにチンゲン菜や絹さやでもOKです。仕上げにラー油を加えてもおいしくできますよ。

ムーシーローの人気アレンジレシピ5選

1. 絹さや入りムーシーロー

絹さやを使ったムーシーローは中華料理店でもよく見かけます。コリコリのキクラゲ、ふわふわの卵、そしてシャキシャキの絹さやと、それぞれ違った食感が楽しめ、さらにオイスターソースとごま油の香りも相まって、お箸が止まらなくなること間違いなしのひと品です。

2. 白ネギ入りムーシーロー

こちらは、半熟卵と薄切りにした白ネギで、ふわふわとした食感に仕上げた白ネギ入りのムーシーローです。ごま油の香ばしさに加え、白ネギと生姜の香りが食欲をそそります。醤油で味をつけているので、あっさりとした和の風合いが楽しめますよ。

3. ニラ入りムーシーロー

夏にぴったり、スタミナ満点のニラを使ったムーシーローのご紹介しましょう。短い時間でサッと炒めたニラのシャキシャキ食感と、キクラゲのコリコリ食感が楽しいひと品です。ご飯にもよく合いますが、とりあえずキンキンに冷えたビールで!

4. トマト入りムーシーロー

トマトというと洋風のイメージが強いですが、実は中華にもトマトはいろいろな料理で使われています。ご紹介するのは、トマトと卵とキクラゲのムーシーローです。ニラもプラスしてスタミナ満点!豚肉が入っていなくてもボリューム感のあるひと品です。

5. 五目野菜入りムーシーロー

最後にご紹介するのは、豚肉、キクラゲ、卵の定番食材に、にんじん、ピーマン、椎茸、たまねぎ、ヤングコーンを加えた五目野菜入りのムーシーローです。 野菜もたっぷり摂れ、今夜のメインにぴったり。花椒やカイエンペッパーをプラスした、ちょっぴりスパイシーなひと品です。

編集部のおすすめ