切り方で食感が変わる!キャベツのせん切りを詳しく解説

身近な定番野菜キャベツ。揚げ物の横にふわふわなキャベツのせん切りも見慣れたスタイルですよね♪ 自分で切るとなんとなくゴワゴワになってしまう方に朗報。今回は、3つのポイントをおさえて、お店のような無限に食べたくなるキャベツのせん切り方法とアレンジレシピをご紹介します。

2019年7月17日 更新

食感が変わるキャベツのせん切りのコツ

Photo by MARI_kitchen

揚げ物やサラダに、何気なく味わう機会の多いせん切りキャベツ。シンプルですが、ふわふわだったり、なんとなく主張が強すぎてゴワゴワに感じることもありますよね。実は、このふたつの食感の違いはキャベツの繊維の切り方にあるんです! 繊維に沿って切ったキャベツは強い食感に仕上がるので炒め物などにおすすめで、繊維を断つように切ったキャベツはやわらかくふわふわとした食感に仕上がり、揚げ物に添えたりサラダにも食べやすくなりますよ♪

せん切りキャベツの作り方

Photo by MARI_kitchen

繊維を断ち切るようにして切ったせん切りキャベツは、ふわふわで無限に食べられてしまいそうなやわらかさと甘みを感じます。今回は、「おかわり」が聞けるかもしれないやわらかキャベツのせん切り方法をご紹介します。ぜひ、試してみてくださいね♪

切り方

1. キャベツの芯を取り除く

Photo by MARI_kitchen

キャベツの芯を切り取ります。

2. キャベツを巻いていく

Photo by MARI_kitchen

キャベツの葉が大きい場合は縦半分に切って重ね葉先から芯に向かって巻いていきます。小さい葉の場合は、2枚重ねて巻くとのちの工程で切りやすいですよ。

3. 巻き終わったキャベツをしっかりと抑える

Photo by MARI_kitchen

巻き終わったらしっかりとおさえます。しっかりと巻いておく方がせん切りの工程でキャベツがずれることなくスムーズになります。

4. キャベツのせん切りを作る

Photo by MARI_kitchen

巻いたキャベツをしっかりとおさえながら1mm幅に切っていきます。よく切れる包丁を使うことで作業もしやすく切り口もきれいに仕上がるので包丁は、研いでおくとスムーズです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS