だしから手作り!昆布だし「湯豆腐」の作り方

豆腐を昆布だしで炊く「湯豆腐」の作り方をご紹介します。湯豆腐の発祥は、京都のお寺からだったという説があります。ご家庭で丁寧に湯豆腐を作れば、京都のみやびな雰囲気を感じられるかもしれませんね。今回は、かつおぶしで作る甘めのたれレシピもご紹介します。アレンジ湯豆腐レシピも必見♪

2019年7月3日 更新

昆布だしの湯豆腐レシピ

湯豆腐が入った土鍋と、薬味、たれが並ぶテーブル

Photo by uli04_29

昆布だしであたためた湯豆腐は、上品な香りが特徴です。今回は、かつおぶしの旨味が濃厚なたれの作り方も、あわせてご紹介していきます。舌ざわりなめらかで、品の良い湯豆腐は、少し甘めのたれと相性抜群です。お好みの薬味を用意するのもお忘れなく!

材料(2人分)

・豆腐(木綿でも絹ごしでも)……2丁ほど
・だし昆布……5cm角1枚
・水……適量

【たれ】
・しょうゆ……50cc
・みりん……大さじ2
・酒……大さじ1
・水……50cc
・かつおぶし……ひとつかみ

・お好みの薬味(大根おろし、しょうが、刻みねぎなど)……適量

たれの作り方

1. 小鍋にしょうゆ、水、みりん、酒を入れて煮立たせる

小鍋に計量したしょうゆ、水、みりん、酒を入れて火にかけます。中火でひと煮立ちさせましょう。

2. かつおぶしを加えて3分煮る

煮立ったら火を弱めて、かつおぶしを片手でつかめる量を入れます。そのまま3分ほど煮ます。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう