5. サラダ油を入れて熱したフライパンに餃子を並べて焼く

サラダ油を入れて熱したフライパンに餃子を並べ、薄い焼き色がついたら、餃子が半分浸るくらいまでお湯を入れ、蓋をします。お湯が少なくなって、パチパチと音がしてきたら、蓋をとって水分を飛ばし、ごま油をまわしかけて焼き色をつけます。

6. 盛り付けて完成

フライパンにお皿を重ね、お皿を手でおさえながら、フライパンを返して餃子を盛り付けたら完成です。フライパンを返したときに、ごま油が手にかからないよう、注意してください。

作るときのコツ

ご紹介したのは、野菜の水分をいかして、ジューシーに仕上げるレシピです。塩をふるのは、野菜の旨味を引き出し、肉餡となじみやすくするため。野菜に塩をまぶす工程からは、お箸を使って混ぜ、野菜から水分を出し過ぎないようにしましょう。

常備用には冷凍保存で

作りすぎたニラ餃子は、冷凍保存で常備することができます。生餃子の状態で、平らなバットなどにクッキングシートを敷き、少し間隔を開けながら並べ、ラップをして冷凍します。 凍った餃子を、冷凍保存用の袋に入れて保存し、1ヶ月を目安に食べきりましょう。 焼くときは、凍ったままで生餃子と同じように焼きます。決して解凍はしないでください。餃子の餡から水分が出て、べちゃっとしてしまいます。

タネの具でアレンジ!ニラ餃子の人気レシピ5選

1. ニラ餃子

まずチェックしておきたいのは、ニラと豚ひき肉だけで餡を作るレシピ。贅沢なニラの風味と、豚ひき肉のジューシーな旨味があふれる餃子です。シンプルだからこそ感じられる、ニラのおいしさに、舌鼓をうってみてはいかがでしょう。

2. 定番おかず ニラたっぷり焼き餃子

キャベツや白菜を使わない、ニラと玉ねぎ、干ししいたけで作る餃子です。玉ねぎの甘さと、干ししいたけのコク、ニラの香りのハーモニーがたまりませんよ。ニラの食欲をそそる香りに、お箸が止まらなくなってしまいそう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ