2. ヘチマとはまぐり炒め

台湾の家庭料理「蛤蜊絲瓜」です。ヘチマは中国や東南アジアではよく食べられている野菜ですが、日本ではあまり料理に使われていませんね。ヘチマは油で素揚げしてから、はまぐりと炒めるのがポイントです。ヘチマは化粧品に使われるくらいですから、女性におすすめしたい食材のひとつです。

3. 生鮭と蛤の和風パエリア

あさりや海老を使ったパエリアはおなじみですが、生鮭とはまぐりを使って、和風のパエリヤになっています。味付けのポイントはダシ汁+白だしで和風のテイストを深めています。しっかりと沸騰させて、お米の芯が残らないようにしましょう。

4. はまぐりの炊き込みご飯

実にシンプルな具材ですが、これはもう間違いのないおいしさです。生のはまぐりをいきなり炊き込むのではなく、鍋で軽く煮込んで殻を外した身だけを使います。このときの煮汁をお米に加えて炊き込みます。これで、はまぐりのうまみがギュッと凝縮されます。

5. はまぐりの簡単!おだしグラタン

はまぐりのお吸い物からのリメイクレシピです。外した殻をグラタンの器として利用。見た目もステキです。味のポイントは、お味噌を少々加えること。ほんのり和テイストで、ぐっとコクが深まります。

ご家庭でも、はまぐり料理を!

昔は全国各地ではまぐりが獲れたようですが、しだいに数が激減。現在は「桑名の焼きはまぐり」で有名な伊勢湾や、茨城県の鹿島灘、熊本県や千葉県など数カ所に限られています。しかも産卵に向けて身に栄養をたっぷりと貯める2月から4月が旬で、手に入る時期も限られています。 縁起物としても使われ、お値段もあさりなどより高めですが、運良く手には入ったときは調理にトライしてみてください。その後はきっと、毎年春の到来が待ち遠しくなりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS