安いステーキ肉を劇的においしく。失敗しない焼き方とコツ

おいしいステーキが食べたい! だけどおいしいステーキ肉は高いし、おうちでは上手に焼けない……そんなふうに思っている人も多いのではないでしょうか。実は安い肉でもコツさえつかめば、劇的においしく焼くことができるんです♪ 今回は失敗しないステーキの焼き方をご紹介します。

2019年6月17日 更新

ステーキのおいしい焼き方

1. フライパンをよく熱する

油をひいて熱するフライパン

Photo by sakura4

まずフライパンをよく熱してから、サラダ油をひきます。油がフライパン全体にまわったら、塩コショウした面を下にしてお肉を静かに入れます。ニンニクがあれば、お肉を入れる前に炒めて油に香りをつけておくのもいいですね。炒めたニンニクは取り出しておきます。

牛脂が手に入れば、サラダ油の代わりに使うと、より風味豊かに焼き上がります。

2. 強火でお肉に焼き色をつける

フライパンにステーキ肉投入

Photo by sakura4

強火でお肉をジュッと焼き、おいしそうな焼き色をつけます。このとき、上になっている面にも塩コショウをふっておきましょう。余分な脂分が出て来たらキッチンペーパーで拭き取ってくださいね。長時間の加熱はNGです。1分ほどで火を弱め、ミディアムなら1分半から2分ほど焼きます。

3. 裏も強火で焼き色をつける

ステーキ肉の裏側も焼く

Photo by sakura4

お肉を裏返すタイミングは、裏側を少し覗いてみて、こんがり焼き色がついていたらOK。裏返したらすぐに強火に戻し、裏側もしっかり焼きます。これにより旨味をギュッと閉じ込めることができるんですよ。

4. アルミホイルをかぶせて焼き加減を調節

ステーキ肉にアルミホイルをかぶせる

Photo by sakura4

30秒ほど強火で焼いたら、火を弱め、2分から3分ほど焼きます。その後、火を止め、アルミホイルをかぶせ、余熱を利用してお肉を休ませます。お肉の厚みや好みにもよりますが、4分から5分休ませたら完成です。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう