ひと皿で野菜が摂れておなかいっぱい!簡単でおいしい郷土麺レシピ

手軽な麺料理ですが、麺に肉類、卵、ネギなどを添えただけでは、バランスが偏ります。そこで今回は、野菜を複数使うご当地麺料理のレシピを紹介します。ひと皿で野菜が摂れておなかも満足なので、ぜひ作ってみてくださいね。

2019年5月30日 更新

野菜を一緒にとってバランスよく

茹でたうどんの栄養素は100gあたり、たんぱく質2.6g、炭水化物21.6gなどで構成されています。β-カロテンなどのビタミン類はほとんど含まれず、ミネラル類はカリウム9g、カルシウム6gなどです。野菜を一緒に食べることで、バランスがよくなります。
この記事は、毎日の生活を野菜で楽しく、 カゴメが運営する野菜専門メディア「VEGEDAY」の提供でお送りします。

もやし、タマネギ、にんじんなど野菜を使った麺レシピ

郷土料理の麺レシピを3つ紹介します。

ほうとう

ほうとうは日本各地に伝わる郷土料理で、幅広の麺が特徴。山梨県では武田信玄の陣中食だったともいわれています。

材料(1人分)

・ほうとう(生):120g
・豚もも薄切り肉:60g
・油揚げ:1/2枚
・かぼちゃ:50g
・にんじん:20g
・大根:50g
・ネギ:1/3本(約20g)
・味噌:大さじ2
・酒:小さじ1
・だし汁:800ml

作り方

1. 豚もも薄切り肉は一口大、油揚げは油抜きして横半分に切り、さらに1cm幅程度に切る。かぼちゃは2mm程度の厚さに切る。にんじんと大根はいちょう切りにする。

2. ネギは斜め切りにする。

3. 鍋にだし汁を煮立たせ、1を加える。野菜に火が通ったら、ほうとうをほぐしながら加えて煮込む。

4. ほうとうが好みの固さになったら2を加え、味噌と酒で味を調えて完成。

しっぽくうどん

香川県の伝統的な郷土料理。数種類の旬の野菜と油揚げや豆腐などをだし汁で煮込み、茹でた温かいうどんにかけていただきます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

VEGEDAY

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう