とろける甘さの「アップルマンゴー」人気の産地やおいしい食べ方とは

とろけるような食感と濃厚な甘みが楽しめる「アップルマンゴー」、女性は好きな方も多いはず。どんな特徴を持ったフルーツなのか、一般的なマンゴーとの違いとは?人気の産地や品種をご紹介。独特のあのカット方法に加え、おいしい食べ方も解説します。

2019年6月10日 更新

「アップルマンゴー」とは

熟すとリンゴのように赤くなるマンゴー

「アップルマンゴー」は総称であり、熟すと果皮がリンゴのように赤く色づくマンゴーをこう呼びます。品種にはいくつかの種類があり、日本では宮崎県や鹿児島県、沖縄県で栽培されています。

このほか、メキシコやブラジル、オーストラリアなど、さまざまな国からも輸入されているんです。果肉は濃いオレンジ色で、香りもよく、濃厚な甘みとマイルドな酸味が特徴です。

一般的なマンゴーとの違い

一般的なマンゴーの果皮は黄色です。果肉は繊維質が少ないのでなめらかな舌触り。色味は淡い黄色で、甘みはもちろん、香りや酸味も強く、濃厚な味わいが楽しめます。

熱帯果樹であるマンゴーですが、アップルマンゴーと呼ばれる品種は、耐寒性にも優れており、温室不要で栽培が可能なんですよ。

アップルマンゴーの品種と産地

1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう